カゴヤ・ジャパンの「WordPress専用サーバー」ファーストインプレッション!サーバ初心者でも簡単に高速WordPressマシン・KUSANAGIが利用可能!

茨城県鉾田市にあるコンテナデータセンターの会社のサーバを使っていましたが、手元のレンタルサーバ・VPS・クラウドのサーバ整理で、思い切ってほとんど使ってなかったコンテナデータセンターの会社のサーバを解約します。

とりあえず使いそうなサイトは、他社(MixHost自宅サーバ)に移行したりしていましたが、今回、カゴヤ・ジャパンの「WordPress専用サーバー」を使ってみることにしました。

カゴヤのWordPress専用サーバの特徴

初期費用無料などがVPSよりリーズナブルな価格設定

ConoHaのVPS・メモリ512MBプランでは月630円ですが、カゴヤの「グレード1」プランで月432円はかなりリーズナブル。

やはりWordPressを使う上で、メモリの量が多めのほうが絶対にいいというか必須です。

サーバコマンドなしにサーバ初心者でもKUSANAGIが使える

これがやっぱり魅力的。

他社のWordPress専用サーバでは、Nginx(高速Webサーバプログラム)や LiteSpeedが採用されていますが、個人的にそれらのサーバよりも高速に動作するKUSANAGIが最強だと思います。

というのは、簡単な設定を行うだけで、Nginxなどの細かなチューニングが不要で、サーバ初心者でもWordPress高速化をできます。

[aside type=”normal”] 実際にエックスサーバーヘテムルではそれぞれXeonの最強CPUとSSDを使っているのにも関わらず、若干KUSANAGIよりもWordPressの速度が遅いのは、複数のユーザーがサーバリソースを共有しているためだと思います(いわゆる共用サーバー)。 [/aside]

サーバ設定はコントロールパネルから

UIが見づらいですが、使用するドメイン、PHPのバージョン設定、FTPの設定など、サーバ初心者でもわかりやすいのも魅力的。

スポンサーリンク

気になった点

SSL証明書(Let’s Encrypt)の設定がわかりづらい

無料のSSL証明書(Let’s Encrypt)を利用するには、コントロールパネルの「SSLサーバ証明書購入」より、矢印の「ブランド」をLet’ Encryptに指定します。

スクリーンショットを見る限りめんどくさい。

利用できるドメインは1つだけというのをしっかりと明示するべき

はじめ、このサービスを申し込んだ際、複数のドメインで利用できると思っていましたが、サービス紹介サイト「特徴」には一切書いてない

これからカゴヤの「WordPress専用サーバー」を使っていきます

構築予定サイト



早速ですが、カゴヤのWordPress専用サーバーを使ってみます。使ってみた点のレビューは後日。

スポンサーリンク