QRコードで決済できるゆうちょ銀行の「ゆうちょ Pay」、2019年2月を目処にサービスイン

日本でも、FeliCaを使ったApple Pay、VISAのVISA payWaveの取扱店が日本でも増えており、キャッシュレスな決済サービスの取り組みが進められています。

今回、ゆうちょ銀行がスマートフォン決済サービス「ゆうちょ Pay」を2019年2月を目処にサービスインすることを明らかにしました。

QRコードでの決済は日本以外では中国のAlipayが成功しています。日本でも、電子決済サービスとして、FeliCaを利用した「おサイフケータイ」サービス(Suica、WAON、nanacoなど)が2000年代から継続して展開をされており、電子決済サービスのインフラが完備されていますが、あくまでも日本国内での利用を意識したものとされ、海外からは「ガラパゴス」と言われてもおかしくないおサイフケータイ。

図のように、ゆうちょ銀行の口座を持っているユーザーはアプリをダウンロードし簡単な登録を行うことで、決済が行われると、ゆうちょ銀行はしています。

他銀行との連携で、どうなるのか?

電子マネーサービスはnanacoでセブン&アイグループ系、WAONでイオン系ですが、WAONがマクドナルドで使えるのに、アリオのマクドナルドでは使えず。その逆もしかり。

今回、ゆうちょ銀行が「ゆうちょ Pay」で取り組むにあたって、福岡銀行や横浜銀行といった地銀との連携を行うとのこと。複数の銀行系で取り組むということは、nanacoやWAONのような他の電子マネーを導入する企業に対する嫌がらせをなしに、加盟店が広がることを期待できると思います。

スポンサーリンク

QRコード決済より、非接触型決済のほうが早くない?

個人的に私はQRコード決済、簡単なようでめんどくさい気がします。専用アプリを立ち上げて、QRコードを端末で読み込んで暗証番号を入力するのは手間がかかります。

Apple Payのように、非接触型決済のほうがタッチするだけなので、絶対に早いと思います。

スポンサーリンク