15インチMacBook Proを東武鉄道「リバティ」、JAL国内線機内のテーブルに置いてみた

レッツノート信者なのに、最近はもっぱら15インチMacBook Proをいじっている間野です。今日は大阪・大日にあるイオンモールのスタバで絶賛作業中です。

羽田空港第1ターミナル・カードラウンジにて

以前、15インチMacBook Pro 2015年モデルを使っていた頃は、外に持ち出すという発想はありませんでした。電池の減りが異常に早い15インチMacBook Proはスペックはデスクトップ並みですが、何だか持ち運ぶのが大変で。

家の中で15インチMacBook Proをずっと使っていたのですが、アップル製品を取り扱うブログ・部長ナビさんの影響で、MacBook Proを外に持ち出してみましたら、悟りが開きました

東武鉄道の新型特急車両「リバティ」のテーブルはどうか?

東武鉄道が満を持して運行を開始した特急「リバティ」。現在は、東京方面から鬼怒川温泉・会津地方まで直通する編成と、東武アーバンライン(野田線)内を特急として走る編成があります。

東武的には、ビジネスと観光需要をまとめてしまおうというのが、リバティの大きな特徴です。

そんな訳で、普通に15インチMacBook Proをリバティのテーブルに置くことができたのがびっくり。実際に操作をしても、テーブルが揺れることがなく、長時間の作業でも難なくこなせる印象があります。

テーブルにはみ出していないのがわかります。

長時間の作業もストレスレスでできるので、リバティでのノマドもベストですね☆

JAL国内線座席テーブル(B777-200)ではどうか?

フットプリント的にはオーバーしています。15インチMacBook Proは重いので、座席のテーブルに負荷はかかっているのは事実ですが、問題ない模様です。

全く違和感もないですね。

ただ狭い

JAL SKY Wi-FiがWi-Fi無料化で速度が落ちている

以前は、羽田〜岡山線でJAL SKY Wi-Fiを使っていたのですが、YouTubeもニコニコ動画も快適に見ることができました。久しぶりに伊丹便で使ってみたところ、かなり遅い。これは検証していないのでなんとも言えないですが、利用ユーザーの急増で、飛行機と衛星との帯域が十分に足りていないということになります。

15インチMacBook Proのノマドはいいぞ!でもレッツノートのほうが良いかも

最近はMacでしかできない業務もあるので、15インチMacBook Proをいろいろなところで持ち運んで使っていますが、デスクトップ並みの性能を外でも使えるのが魅力的ですね。レッツノートも便利ですが、15インチMacBook Proはバッテリーの持ちが悪い。

個人的にはやっぱりレッツノートがノマドにはぴったりと感じます。バッテリーの持ちが最強なので、長時間の作業でも難なくこなせるので。

投稿者: 間野 優希

間野 優希