AWSとさくらのクラウドの違いについて

クラウドサービスに関して歴史を説明

AWSこと、Amazon Web Servicesは2006年にサービスインしました。当時はサーバというと、オンプレミスで自社にサーバ設置もしくは提携データセンターにサーバを設置し、管理しなければならないという事情がありました。AWSはサーバ管理に手間がかかり「なんとかしたい」との企業の声を受け、IaaS型のサーバ提供で企業にサーバを提供してきました。その上、高い信頼性と様々な機能の使い勝手から多くの企業が現在採用しています。

AWSが登場し人気を伸ばしている一方、他社でもIaaS型のクラウドサーバサービスも増えてきました。例えば、さくらインターネットの「さくらのクラウド」やIDCフロンティアの「IDCFクラウド」が展開され、AWSと切磋琢磨しサービス展開がされています。

AWSとさくらのクラウドの機能比較

企業向けのサービスユースでは、AWSとさくらのクラウドは同価格帯に属します。さくらのクラウドに対して、AWSは機能面で先手を行っています。

例えば、人工頭脳のディープラーニング。

高性能のGPUが求められている中で、AWSでは「AWS ディープラーニング AMI」というサービスで、思い立ったらすぐにサービスを利用できるようになっています。これはビジネスで最前線を行きたいという企業ユースにはとても重宝されています。

一方、さくらのクラウドでも「専用サーバ」を利用してGPU搭載サーバを利用できますが、初期費用などがかかり、ずっと継続して利用する用途でないと使い勝手が良いとは言えません。

しかしながら、AWSと異なり、さくらのクラウドでは、同社が提供するIoTサービス「sakura.io」のネットワークと閉域で接続でき、AWSと差別化を図っています。

どのようなユーザーがAWS・さくらのクラウドを使えばいいのか解説

全体的に価格からすると、ライトユース(個人・Webサイト運営)では、さくらのクラウドがベストです。というのも、さくらのクラウドの利用方法はウィザードに従うだけで簡単にでき、コンテンツ制作に尽力できます。

また、機能面ではAWSが先手を取るでしょう。ハイスペックが求められる企業・研究所にはAWSは良いと思います。CDNサービス・CloudFrontやストレージサービス・Amazon S3など、IaaS型のクラウドサービスはAWSにおいて充実しているので、インターネットを使った”何か”を実現できるサービスといえます。

それに加えて、AWSを運営するAmazonはアメリカの企業です。企業のコンプライアンスの理由上、日本法ですべてを完結できるサービスを求めている場合、AWSは少し使いづらいかもしれません。その場合、さくらのクラウドはデータセンターも国内にあるので、その辺りの使い分けが企業にとって賢いと思います。

まとめ

AWSは比較的個人向けでは高いと言われていますが、実際そんなことはなく、非常に優れたサービスだと思います。

投稿者: 間野 優希

間野 優希