JR北海道、石北線・釧網線の一部区間で「スマホ定期券」を導入!これはナイス!

JR北海道は4月1日に、スマートフォンで定期券を購入・表示できる「スマホ定期券」を導入します。

「スマホ定期券」は、スマホアプリで購入できるJR北海道の定期券。定期券は、専用のスマホアプリに表示され、改札を通る際に、係員にスマホアプリの定期券表示を提示して乗車することが可能。購入できるのは通勤定期だけでなく、通学定期(一般・高校生専用)も含まれます。従来の定期券通り、期間は1カ月、3カ月、6カ月から選べます。

このスマホ定期券の導入により、発行を代行するウェルネットは、駅へ行かなくても、クレジットカードやコンビニエンスストア、銀行ATM、ネットバンクでのお支払が可能となるため、24時間「いつでも」「どこでも」「スマートに」スマホ上の簡単な操作だけで定期券を購入できるようになるとしています。

通学一般・通学高校の定期券でスマホ定期券を利用する場合には、事前に学校の事務への申込みをすることで本人確認が出来る仕組みとし、駅窓口への「通学証明書」の提出は不要となるシステム。

これはナイス!

このスマホ定期券の導入ですが、スマホ定期券が購入できるエリアでは定期券を購入できる駅が3駅しかなく、従来のシステムでは利用者が定期券を購入するのが大変でした。この問題に対処したJR北海道、やるなという感じです。

最近では、JR北海道は不祥事が多く、自分も札幌と新千歳空港を結ぶ快速エアポートで車掌から嫌味を言われたりしてJR北海道は嫌いですが、この取組みは大歓迎です。

決済代行会社・ウェルネットを通じて今回のサービスを提供しますが、JR東日本の青森・秋田エリアなど、まだまだ交通ICカードが使えないエリアが広いです。ぜひとも他社へ広げていって欲しいサービスです。

[JR北海道]

投稿者: 間野 優希

間野 優希