ソフトバンク、学生・教職員向けに割引プラン「学割先生」を導入!意外にいい線行ってるのでは…?

ソフトバンクは15日、同社の新製品発表会において学割プログラム「学割先生」を1月17日に開始すると発表しました。この学割プログラムは、受付期間は年度をまたいで1月17日~5月31日。

25歳以下のユーザー(在学しているかは問わない)または学校で勤務する先生が「ウルトラギガモンスター」(50GB大容量プラン)に加入して学割プログラム「学割先生」に申し込むと、1年間毎月1,020円割引となります。また、その家族が「ウルトラギガモンスター」で新規契約すると、家族新規特典として、25歳以下のユーザーもしくは先生の通信料金からさらに1年間毎月1,000円割引となるほか、各種割引サービスと併せて「ウルトラギガモンスター」が1年間月額3,980円から利用できます。

1年間3980円の使用料金の明細は以下の通りとなります。

スマ放題ライト[通話定額ライトプラン] 2,000円
ウルトラギガモンスター 7,000円
おうち割 光セット -1,000円
みんな家族割 -2,000円
学割先生の通信料割引特典 -1,020円
学割先生の家族新規特典 -1,000円
通信料合計 3,980円

また、データ使用量が少なく、新しいiPhoneを利用したいユーザー向けに、「スマホデビュー割」の特別価格対象機種に「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を追加。初めてスマートフォンを利用されるユーザーは「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を次の機種変更まで月額1,980円から利用できます。

月額1,980円の内訳は「スマ放題ライト」(2年契約加入時)と「データ定額ミニ 1GB」、「おうち割 光セット」(2018年1月17日以降お申し込み)に加入した場合。

このプラン、なかなか良い線行ってるのでは…?

[kanren postid=”291″]

以前、記事のネタにしたMMD研究所の調査結果ですが、これでは学生の利用パケットは月3GB程度。これはあくまでも、自宅にWi-Fiがある家庭が前提です。

今回の割引も固定回線がある前提ですが、最近はパケットの使用が多い学生ユーザーも多くなっています。おそらく、パケットを使わない学生ユーザーと使う学生ユーザーの2極化が進んでいるのではないでしょうか

ですが、1GBで1,980円の料金と50GBで3,980円で2極化の料金設定、なかなか良い線行ってます!

[ソフトバンク]

スポンサーリンク