りんログ
パソコン

Appleの新iPad Pro(2021年モデル)は誰が買うの…?でも、カラフルになったiMacは良いかも!

2021年4月21日2時(日本時間)に開催されたApple Eventですが、iPad Proと7色のカラーバリエーションが用意される新iMacが発表されました。いずれも、ハイスペックさが評判のM1チップが搭載されます。

個人的な印象として、スペックさを追求したiPad Proは誰が買うの?と、M1搭載のiMacはちょっと欲しいかも…と思いました。

iPad Proについて

Appleから発表された詳細について

今回、刷新されたiPad Proに関しては以下の通りです。

  • 11インチと12.9インチをラインアップ
  • デザインについては、前モデルからの変更はあまりなし
  • Macで搭載されたM1チップをiPad Proにも搭載
  • 前モデルの搭載プロセッサ「A12Z Bionic」と比較し、CPU性能は最大50%、GPU性能は最大40%向上とのこと
  • ストレージは最大2TB
  • ストレージアクセス速度は2倍にアップ
  • RAMは、128GB/256GB/512GBモデルが8GB、1TB/2TBモデルが16GB
  • 12.9インチモデルでは、ミニLEDバックライトを用いたLiquid RetinaXDRを採用
  • Wi-Fi + Cellularモデルでは、5G通信(日本ではミリ波非対応)にも対応
  • 価格は、11インチのWi-Fiモデルは94,800円(税込)、12.9インチは129,800円(税込)から

ここまでスペックを求めるのは良いけれど、高すぎる!

正直言って、高すぎます

Appleのサイトを見る限り、iPad Proで動画編集をしたり、画像の加工や、ハイスペックさが求められるゲームをする方が今回のiPad Proのターゲットとしているそうですが、普通、そういう方は、Macでやられるのでは?ゲームなら、ゲーミングPCやiPhone 12 Proでもできますし、わざわざiPadでやるというのは意味不明です。

しかし、Apple Pencilを使ったお絵かきなら、iPadでする方が多いと思いますが、こんなにハイスペックなiPad Proがお絵かきに必要とは思えません。

Appleもニッチな分野でハイスペックさを求めたiPad Proを出したと思いますが、iPadにM1チップを搭載する必要はあるのかな?と考えています。

本来ならiPadのCellularモデルの5G対応は、廉価版iPadから対応すべきことでは?

通信オタクとして気になる、今回のiPad Proの5G対応ですが、まず、Appleはいかに利益を上げたいのかがよくわかります。本来なら、廉価版iPadも同時に5G対応すべきです。

しかし、5Gエリアが狭い現在でも、今後、1年後には(たぶん)エリアが広くなっていると思います。都心部も、トラフィックが高いエリアは優先的に5G対応がなされているはずなので、例えば、東京・池袋のカフェで、5GのiPad(Cellularモデル)と対応SIMさえあれば、遅いのとセキュリティが脆弱なフリーWi-Fiに頼らなくても、重たいファイルのやり取りが快適にできるようになります。

とは言っても、5Gはオーバースペックというご指摘もある通り、4Gでも十分大丈夫ですが、やはり、今回のiPad Proをロングタームで使うことを考えると、5G対応になったのは評価されるべきでしょう。

繰り返しになりますが、今回のApple Eventでは、まずは廉価版iPadの5G対応もされることを発表すべきだったと思います。そのほうが、5Gで儲けたいキャリアからのウケもいいでしょうし、業界の全体的な5Gビジネスにも大きく繋がると思いました。

MacとiPadのカニバリゼーションがさらに進むのでは?

Appleは、iPad Proに対して、純正のワイヤレスキーボードをつけたアクセサリーを展開しています。

今回のiPad Proにも似たようなアクセサリーがあるらしく、MacとiPad Proでカニバリゼーションがさらに進むのでは?と思っています。

個人的にも、病院入院中にiPad miniにBluetoothキーボードとマウスをつけた形で仕事をしていましたが、まるでMacのように作業ができました。さすがにMacはいらないんじゃないの?レベルまでには行きませんでしたが、簡単な作業なら、iPadだけで十分かもしれません。

Appleもオフィシャルで純正キーボードとトラックパッドのアクセサリーを出すとなると、本来、Macを買うべき層からユーザーが流れてきて、Appleの全体的な売上低下にも繋がりかねません。

やはり、MacとiPadはOSが異なるものの、年数が進むにつれ、ほとんど機能的な違いがなくなってきています。さすがに、MacとiPadのOSの統合はないと思いますが、Appleの両方のOSに対する二重投資もなかなか大変だと思います。

自分の意見的には、MacとiPadで “できることは違う” というようにアピールして、動画編集・画像加工などはMac、Apple Pencilでのお絵かき、簡単なネットサーフィン、動画配信サービスの閲覧はiPadというように分けたほうがAppleの収益的には良いはずです。というか、iPadとMacの使い分けがはっきりしていたほうが、自分にとっても、購入する言い訳が作れますw

このままで行くと、優秀なM1チップでiPad Proで4K動画の編集が簡単になった、とアピールするたび、今後発売されるであろう16インチMacBook Proの行方が心配です…(個人的には買おうと計画中です)

Appleは、今後もMacとiPadのカニバリゼーションが進むとなるとどうなるんでしょうか…?

7色のカラーバリエーションとなったiMacについて

Appleから発表された詳細について

今回刷新されたiMacについては以下の通りです。

  • ハイスペックさが評判のM1チップを搭載
  • 7色のカラーバリエーションから選択可能
  • CPU性能も従来モデル比で最大85%、GPU性能もPhotoshopなどの特定アプリで最大2倍にアップ
  • 電力あたりの処理性能も飛躍的に向上し、ファンを2基搭載するものの、動作音はほとんど気にならないレベル
  • ディスプレイは24インチに大型化
  • 解像度も4480 x 2520のRetina 4.5K
  • P3の広色域と500nitの高輝度に対応
  • 昨今のコロナ禍を受けて、1080p解像度の新FaceTimeカメラを搭載
  • 内蔵マイクはビームフォーミング技術を活用し、利便性を向上
  • アップルは『Mac史上最高のサウンドシステム』と説明するオーディオシステムを実現
  • 超高速データ転送用の2つのThunderboltポートを含む、計4つのUSB-C端子を搭載
  • 6Kディスプレイの接続にも対応
  • 7色のMagic KeybordでTouch IDにも対応
  • ACアダプタにイーサーネット端子を統合
  • USB-Cポートの数などで3種類のモデルが存在

カラーバリエーションの豊富さが魅了的!久々に物欲が…

AppleのM1チップ搭載で、従来iMacよりも薄くなったデザイン、非常に魅力的です。

部屋が狭い日本の住空間にも馴染みやすいデザインですし、カラーバリエーションの豊富さは、女性からの評判も高そうです。正面にAppleロゴがあればよかったですが、動作音もM1チップ搭載であまりないとすると、WindowsのデスクトップPCとも大きく差別化が図られています。

これ、本当に欲しいですね…

コロナ禍で便利な1080p解像度の新FaceTimeカメラはいいかも

コロナ禍で増えてきているZoomなどでのオンラインミーティングですが、最近大きな悩みとして挙げられる、PC・MacについているWebカメラがしょぼいという問題、Appleの新iMacなら1080p解像度のため、解決されそうです!

個人的にも、自宅でオンラインミーティングをするときに、しょぼいWebカメラが気になることもありましたが、今後、AppleもMacBookでのWebカメラ(FaceTimeカメラ)も1080p解像度に対応していくのでしょうか…?

あと、オンライン通話に特化した内蔵マイクも魅力的

新型iMacに搭載されている内臓マイクの利便性の高さも良さそうですね。

オンライン通話をするときに、これもまた、Webカメラと同様に、PC内蔵のマイクがしょぼいので、通話している相手にとって、自分自身の声が聞き取りづらいこともしばしば…

iMacのビームフォーミング技術を活用した内蔵マイクで、イヤホンマイクを耳につけて通話することもおさらばです!

M1チップと4480 x 2520のRetina 4.5Kディスプレイで、動画編集・画像加工も快適なはず

Macのメリットとして挙げられる、動画編集と画像加工のしやすさは、Macのきれいな液晶ディスプレイが支えています。

MacBook Airで搭載されて評判のM1チップが今回のiMacに搭載されたことは、大型ディスプレイでバッテリーの減りも気にせずに、動画編集や画像加工の作業ができるのは快適ですね!

まとめ

今回のApple Eventでは、M1チップがいかにAppleにとって先進的であることがよくわかりました。

前に発表されたM1チップ搭載のMacBook Airでは、ハイスペックモデルとして位置づけられていたIntel製のプロセッサを搭載する16インチのMacBook Proよりもスペックが向上し、多くのユーザーから高い評価を得ています。

そのM1チップのiMacやiPad Proが登場したことは、やはり、かなり期待ができます。

iPad Proは個人的にオーバースペックだと思いますが、ユーザーの選択肢が増えることは良いことです。iMacもカラフルになったことで、iPhoneから生じたApple製品の人気が高い日本では受け入れられると思いますし、今後のAppleの動きから目が離せません。

個人的には、次に発表されるであろうハイスペックモデルとされる16インチMacBook Proの発表を期待しています。

[Apple]

Twitterで間野優希をフォローしよう!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus