Appleの “バッテリー問題” に思うこと!Appleの対応は必然的だと思う件

Apple社が販売するiPhoneにおいて、バッテリーが劣化すると動作などのパフォーマンスが落ちるという報告が大手メディアにてされました。今回、Appleはこの問題に対して事実を認め、iPhoneのバッテリー交換を無償もしくは旧来よりも安い金額で対応することを表明しましたが、この対応には必然的だと思いました。

Galaxy Note 7のバッテリーの件が思い出される

サムスンが2016年に販売したGalaxy Note 7。世界各地でユーザーから爆発したという報告がなされ、サムスンがリコールを発表、販売停止に追い込まれました。

今回のAppleのバッテリーの件も似たようなところがあるかもしれません。

というのも、スマートフォンにおけるバッテリーは重要な要素です。ユーザーがスマートフォンを使うにあたって、もっとも意識されるのがバッテリーです。バッテリーの劣化に伴う動作などの低下はユーザーが怒っても当然。iPhoneの利用規約にも記載されていなかったみたいで、Appleはバッテリーに関して必要な説明を怠りました。

しかしながら、今回のApple社の対応は必然的だと感じました。でも、Apple社が叩かれるのは仕方ない。それに伴い、バッテリーの無償並びに旧来よりも安い価格でバッテリーの交換を受け付ける点については、すべき当然のことです。

まだiPhone 7は購入して間もないですが、以前まで使っていたiPhone SEにはこの問題があるかもしれません。

この対応は2018年12月まで全世界で継続するとのこと。iPhoneを長く使っている方はバッテリーについてApple Storeなどでチェックしてみてもらうといいですよ。

[Apple]

投稿者: 間野 優希

間野 優希