りんログ
格安スマホ

NTTドコモの月20GBで月額2,980円の「ahamo」はやばすぎる…!MVNOの生きる道は…?

りんログの筆者の間野です。先日、NTTドコモから信じられない料金プランが発表されました。それは、月20GBで月額2,980円の「ahamo」という料金プランです。

この料金プランに関して、筆者の意見をいろいろと書こうと思います。

かなり長くなりましたが、「ahamo」の発表は衝撃的でした。携帯電話業界において、いろいろと変わりそうな発表で、感じたことを書いてみました。

「ahamo」についてまとめてみます

「ahamo」の大きな特徴

  • 新規契約事務手数料やMNP転出手数料、細かい割引の条件などを極力なくしたシンプルな料金プランとドコモは宣伝。
  • ahamoは実店舗ではなく、オンラインで受付。その他手続きもオンラインで完結。
  • 月20GBまで月2,980円で使用でき、20GB超過後は最大1Mbpsで通信が利用可能。
  • 月20GBは、海外82の国々・地域でも追加料金なく利用可能。
  • 2年定期契約や解約金の設定はなし。
  • ネットワークは、ドコモの高品質4Gネットワーク・5Gネットワークを使用可能。
  • 5分間までの国内通話が何度でも無料。
  • 月間データ容量は、必要に応じて1GBあたり500円(税抜)で追加することが可能。
  • 通話を多くするユーザーには、月額1,000円(税抜)で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションを用意。
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp)は提供されない
  • ドコモの他のプランからahamoに移るとドコモ回線継続利用期間がリセットされる。
  • 家族と契約していても「ファミリー割引」が適用されず、ファミリー割引の対象人数としてもカウントされない。
  • 2021年3月提供予定。

つまり、月2,980円で月20GBの高速データ通信をドコモの4G・5Gネットワークで利用でき、20GB超過後は1Mbpsでの通信が可能となるとのことです。

おそらく、MVNOというよりかは、「サブブランド」としての取り扱いが考えられていたようでしたが、政府との兼ね合いもあり、ドコモ本家の1プランとして始まるようです。

そのため、ネットワークは、ドコモから帯域の一部を借り受けて営業するMVNOと異なるものと思われます。

「ahamo」はサポート拠点をオンラインに限る

「ahamo」では、料金プランの契約および、解約、MNPに関する手続きにおいて、オンラインで完結できるようにするとのこと。

また、申込みでは、オンラインで完結できるように「eKYC」も導入します。

なお、ドコモショップ・ドコモインフォメーションセンターなどでの取り扱いは “なし” です。

「ahamo」が使える国について

「ahamo」は、追加料金無しで、海外でもデータ通信が楽しめます

従来までは、ドコモでは1日980円かかっていた料金が「ahamo」では一切かかりません。

主な利用できる国は以下の通りです。

  • アメリカ
  • カナダ
  • 韓国
  • 中国
  • タイ
  • オーストラリア
  • フランス
  • ドイツ
  • イギリス
  • ニュージーランド
  • 南アフリカ

地図を見た感じだと、だいたいの日本人の渡航先をカバーしていると思います。

この「ahamo」 には腰を抜かれた…

3キャリアの料金はボッタクリというイメージが崩壊

携帯電話が国民的なインフラとなってきた世の中ですが、今までNTTドコモ・au・ソフトバンクが国民の財産である “電波” を使った上、莫大な利益を上げていました。

NTTドコモ・au・ソフトバンクは、2000年代後半に日本通信(b-mobileや合理的かけほプランの会社)がNTTドコモに対してレイヤー2接続でのMVNO(格安スマホ)を開始する以前から、かなりのボッタクリ料金をユーザーに対して課していました。それ以後も、MVNOをほとんど意識することなく、3キャリアは高額な通信料金を設定していました。

今回の料金プランは、MVNOを意識した料金プランに仕上がっていると思います。ドコモ=ボッタクリというイメージも筆者の中で崩壊しました。こんな値段にして大丈夫なのか?という疑問が湧き上がってきました。

ライトユーザーの3キャリアでの料金と「ahamo」を比較しても「ahamo」はかなり安い

さて、ライトユーザーは月3GBぐらい使う過程で、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルでの料金を見てみましょう。

NTTドコモ 「ギガライト」月4,150円
au(KDDI) 「ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)」月4,650円
ソフトバンク 「ミニフィットプラン」月7,480円
楽天モバイル 「Rakuten UN-LIMIT V」月2,980円

※4Gプランで各種割引がない状態での料金。いずれも2020年12月8日現在。楽天モバイルは4Gだけのプランは現在新規契約では利用できません。

明らかに3キャリアは、ボッタクリですね。ソフトバンクだけ明らかに高いのですが、これは、他社よりも割引される条件が良いので、実際はこれよりも安く使えることが多いです。ただ、月3GBでの使用でも、月4,000円台を取られるのは、果たして費用対効果に見合うのかが疑問です。

その一方、「ahamo」は月20GBで月2,980円です。「ahamo」が以下に安いのかがよくわかると思います。

この「ahamo」は、MVNOと比較しても、非常に安い価格で提供されるということで、数GBしか使わないユーザーも保険的な意味で考えると安心です。20GBも使えば、LINEやネットサーフィンなどの日常利用では十分に足ります。フリーWi-Fiと組み合わせれば、動画閲覧などをしても困らない量だと思います。

MVNOでは、IIJmioは12GBのファミリーシェアプランが3260円。OCNモバイルONEは、20GBプランが4400円。mineoはベースとなる回線事業者によって料金が異なりますが、ドコモ回線を使用するDプランは20GBで4590円。

「ギガホ」を使う筆者からしても魅力的!

筆者の場合、ドコモで「ギガホ」という料金プランを契約しています。ギガホは、月30GB(現在キャンペーンで月60GB)までデータ通信が使えますが、各種割引を適用して月4,980円です。ドコモでは、単身での契約で割引がない場合、この料金が月7,150円に跳ね上がります。

ギガホでは、月60GBまでインターネットができますが、自宅に固定回線があったり、外出先でYouTubeで4K動画を見ない限り、パケットが余ります。とは言っても、動画のデータ量は大小あるので、その場合、ギガホを契約するのがベストでしょうか。

流行しているスマホゲーム

はっきりと言って、外出先でモバイル回線を使って動画閲覧やスマホゲームでの通信、SNSでの利用は贅沢と言ってもおかしくないはずです。それに少なくとも月4,980円払うのは冷静に考えると躊躇われます。

最近では、スターバックス・コンビニ、JRや私鉄の駅などでフリーWi-Fiが提供されており、月60GBも使わないユーザーも多いと思います。むしろ、月数GBでも足りる場合も多々あると思います。

脱線しますが、外出先でもフリーWi-Fi(もちろん、ノートンなどが提供するVPNを使用した上で)を使用して動画などの閲覧での利用を行えば、節約に繋がると思います。

しかし、筆者が使っているドコモの「ギガホ」も、正直言ってオーバースペックです。動画再生さえ携帯電話ネットワークでしなければ、月20GBは十分過ぎます。動画は、スタバ・ドトールなどでフリーWi-Fiで見れば困りません。

MVNO(格安スマホ)は大丈夫?

現在のMVNOの料金よりも「ahamo」は安いが、MVNOとの値下げ競争は意味がない

現在のMVNOの料金よりも、「ahamo」は安いです。

前述の通り、MVNOで大手のIIJmioもmineoもOCNモバイルONEよりも、「ahamo」は有利な料金で提供されており、サポート拠点をオンラインに限ることで提供されるとすると、MVNOと「ahamo」は差別化することはできません。

脱線しますが、「ahamo」はNTTドコモが手掛けるということもあり、mineoといったMVNOよりも知名度では勝ります。ドコモショップで「ahamo」が販売されなくても、ドコモショップや家電量販店などでパンフレットを設置したり、ポスターを貼ったりと、ドコモは「ahamo」の宣伝はとりあえずやると思います。

MVNOは、家電量販店などで窓口を設けていますが、「ahamo」は完全にオンラインでの営業に注力します。初めのうちは、ドコモショップに「ahamo」加入希望者が殺到するかと思いますが、そのような方に対するドコモショップでの対応が肝心です。

ちょっと脱線しましたが、今後、対面でのサポート拠点をMVNOは減らすことが考えられます。少しでも経費を減らすことで、料金プランの価格を下げられればと、試行錯誤をすると思います。

とは言っても、値下げ競争にMVNOが参加しても非常に意味がないと筆者は思います。

「ahamo」のネットワーク品質にはMVNOは勝てない

「ahamo」はNTTドコモのネットワークをフルで使えます。一方、MVNOは、ドコモ回線を使う場合、ドコモから一定の帯域を借り受けて、そこにユーザーを詰め込むことで “安さ” を実現しています。

説明が難しかったかもしれませんが、MVNOの通信品質はドコモ本家よりも劣るということです。ちなみに、基地局はドコモのものを借り受けているので、MVNOだからと言って、圏外が発生することが多い訳ではない、ということです。

しかし、「ahamo」は、ドコモのネットワークを “そのまま” 使うので、今のところ、通信品質に対して危惧するポイントがほとんどないと言えます。この点に関しては、サービスインしないとわかりませんが、MVNOよりも遥かにいい条件で使えるのではないかと思います。

MVNOは「ahamo」に対してネットワーク品質では勝てないのでは?と筆者は考えています。

潰れるMVNOが出てくるのでは?

「ahamo」に対抗したMVNO・日本通信

この「ahamo」の料金はMVNOに対して驚異的です。

「ahamo」の料金には、5分の通話のかけ放題料金が入っていますし、なお、MVNOにはない国際ローミングでのデータ通信も無料で提供されます。

MVNOはデータ通信での料金で現時点差別化を図っていますが、MVNOで入ると比較的高額の料金の5分かけ放題とMVNOにはない国際ローミングが「ahamo」に入っているとなると、MVNOは、加入者が「ahamo」に流れ、潰れるMVNOも出るのでは?ないかと思っています。

MVNOは、「ahamo」にない付加価値で勝負する必要があり

イオンモバイル

すでに、トーンモバイルが子供向け、イオンモバイルが “イオン” の店舗でスマートフォンを販売しています。また、MVNOではないですが、ジャパネットたかたを通じて、手厚いサポートをセットでワイモバイルが格安スマホを販売しています。

MVNOは、「ahamo」の価格には対抗できません。

やはり、前述のMVNOのように、付加価値をつけた格安スマホがこれからの時代に求められてくるはずです。

イオンモバイルの “イオン” のブランドを活かした格安スマホは安心感があります。トーンモバイルが提供する子供向けの格安スマホも、家族持ちの方には魅力的でしょう。その上、ジャパネットたかたを通じて、高齢者に対して訪問サポートを提供するワイモバイルも個人的にはナイスです。

やはり値段が安いことに越したことはありません。しかし、MVNOが通信品質を下げた上でプランを提供するのは、消費者からすると、「安物買いの銭失い」に繋がります。

ドコモショップなどの代理店はどうなる?

ドコモの従来プランでは、引き続き高い料金を取ることで、高齢者ユーザーをターゲットに代理店は運営?

NTTドコモの魅力的なところというと、全国津々浦々にあるドコモショップの店舗です。

ドコモショップの店舗では、ドコモのことに関して何でも精通している店員さんが多く在籍しています。何か、スマートフォンなどでわからないことがあれば、ドコモショップの店員さんにそのことを尋ねると、だいたいのパターンで解決することが多いようです。

また、高齢者などがドコモショップの窓口で契約すると、ドコモの料金プランやスマートフォン(例えば、らくらくスマートフォンなど)について、時間をかけて丁寧に教えてくれます。その上、スマートフォンの説明教室も無料で実施しているドコモショップもあります。

脱線しますが、国内の携帯電話会社のユーザー層は、各社ごとに少しずつ違いがあって、NTTドコモが最も年齢層が高く、auが30~40代、ソフトバンクは20~30代あたりが強いとされています(ケータイWatchより)。

つまり、高齢者からすると、ドコモは一番使いやすいキャリアであるということがわかります。

個人的な印象として、ドコモの通信料金は、au・ソフトバンクよりも高額です。しかし、「ahamo」はドコモショップなどのサポート拠点を使わず、完全オンラインです。そのため、「ahamo」はドコモショップの経費を削減することで、月20GBで月2,980円を実現しました。

でも、高額な料金プランも引き続き提供されますが、これに関しては全国のドコモショップ・家電量販店などのサポートネットワークを利用できます。

ドコモ的にも、これからは、丁寧なサポートが必要な方は、引き続き高額な料金プランに契約してもらって、以前から弱いとされていた若年層でサポートが不要な方は、「ahamo」を使ってくださいということになると思います。

高額な料金プランは、サポート代と思うと、筆者も理解はできます。

代理店は、携帯電話販売以外の販売も積極的に?

ドコモが提供する固定回線「ドコモ光」

ドコモの「ahamo」が出たことで、サポートが不要な若年層は、「ahamo」を選ぶ傾向が高いと思われます。そうするとなると、代理店での来客数が減るということになり、代理店は携帯電話販売以外の販売も積極的に行う必要があるのではないかと思います。

例えば、固定回線(NTTの光コラボ系のドコモ光とか)や、ウォーターサーバーや電気、ガスなどを取り扱っていくのではないでしょうか。

代理店はサポート重視で行くことも考えてる?

軽く先程も書きましたが、ドコモショップなどの代理店は、今後、サポート重視になっていくのではないかと思っています。

既に、ドコモショップでは、他社アプリの設定などの有料サポートを実施しています。今後は、ドコモの新規契約のメインが仮に「ahamo」に流れるとなると、ドコモショップを運営する代理店は、アプリの設定サポートや、スマートフォンの操作の方法などのアドバイスといったドコモユーザーのサポート業務に尽力する流れもできてくるかもしれません。

スマートフォンは既に日本国民の間で浸透したと言っても過言ではないですが、スマートフォンは高機能なため、スマートフォンすべてを使いこなしているという方は少ないと思います。そこで、ドコモショップのネットワークを活かした形で、そのようなユーザーのサポート業務を行うことで、政府が進めるデジタル化への後押しに繋がるのではと考えます。

まとめ

ここまで6000字弱にわたって、いろいろとドコモの「ahamo」に関することを書いてみましたが、「ahamo」は自分にとっても衝撃的でした。こんなに安くして大丈夫なのか?と言いたいほどですw

「ahamo」でドコモショップを運営する代理店の運営の在り方も変わってくると思いますし、「ahamo」の登場は今後の携帯電話業界において非常に大きな出来事だと思いました。

長い記事でしたが、読んでいただきありがとうございました。

[NTTドコモ]

Twitterで間野優希をフォローしよう!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus