りんログ
デジタル系

ドコモの5G対応のホームルーター「home 5G」は魅力的!5G時代にふさわしい製品といえるのでは?

NTTドコモから、5G時代にふさわしい、家庭用の固定回線代替の5G(4Gも使える)回線を利用したホームルーター「home 5G」が発表されました。

「home 5G」は、既にソフトバンクの「SoftBank Air」やKDDI系のUQが販売する「Speed Wi-Fi HOME 5G」の家庭用ホームルーターを追随する形となっています。

home 5Gについて

home 5Gは、設置工事不要!コンセントに挿すだけで快適なWi-Fi環境がすぐ使える

イメージ

home 5Gは、ソフトバンクの「SoftBank Air」がCMでやっているのと同じように、設置工事が不要です。

具体的には、ドコモショップなどで契約してから、端末の電源コードをコンセントに挿すだけで、すぐに快適なWi-Fiが利用できます。

バックボーンは、定評のあるドコモの携帯電話ネットワークに対応し、5Gはもちろん、4G回線しか利用できない家庭でも、高速インターネットを使うことができます。

月額4,950円でデータ通信は無制限で利用可能!

ドコモは今回のhome 5Gについてかなり攻めてきました。なんと、home 5Gは月額4,950円で、データ通信を無制限で利用することができます

今回の驚愕の価格設定は、あくまでもhome 5Gは登録した住所でしか使えない前提で提供が予定されているため、実現できたものだと思います。

コンセントが利用できる車にホームルーターを搭載して、車内Wi-Fiを構築しようとしている方、これはドコモのhome 5Gではできません。電波法における屋外で出力できない5GHz帯のWi-Fiの兼ね合いがあるものの、KDDI系のUQが提供している「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」なら車でも利用できます。

ドコモが提供している5Gの無制限プラン「5Gギガホプレミア」では、月7,315円からなので、普通に固定回線の代替として検討されることが多いと思われるhome 5Gは、爆安です!

なお、大手IT系情報サイト・ケータイWatchには、NTTドコモの社長である井伊氏より以下の通りコメントが記載されていました。

――home 5Gは使い放題ということだが、ネットワークへの影響はどう対応しているのか。

ヘビーユーザーの方にご利用いただくことも想定してる。混み合ったときにネットワーク側で帯域制御をする仕組みを入れている。ベストエフォートということで、混み合ったときには遅くなるかもしれない、ということになるが、可能な限り、きめ細かく制御してスピード(通信速度)を維持できるよう、今回かなりしっかり対応するような準備をしている。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1325569.html

やはり、固定回線の代替として、かなりのデータ通信をすることを念頭に置いた上で、サービスの提供が始まるそうです。

ドコモのスマホ利用料金からの割引も充実!

ドコモのhome 5Gは、ドコモのスマホ利用料金からの割引も提供されます。

home 5Gは、固定回線の代替用途には良いのでは?

月4,950円で無制限でネットが使い放題なのには腰を抜かしました

前述の通り、5Gの無制限プラン「5Gギガホプレミア」では、月7,315円からの提供です。これに家族割などが効けば、月5,000円程度まで持ってくることができますが、なかなかハードルは厳しいです、

そこで、ドコモのhome 5Gが月4,950円で使い放題になるのには腰を抜かしました。

ただ、home 5Gは「登録した住所でしか使えない」という前提で提供されるため、持ち運びができるモバイルWi-Fiルーターと違って、ドコモは基地局整備は自宅周辺で行うだけで済むはずです。なので、ドコモとしてはネットワークへの投資を減らすことができるとするので、今回の価格が実現できたと思います。

無制限は最高!気兼ねなくYouTubeやAmazonのプライムビデオが見れますね!

やはり、無制限は最高です!

ドコモは5Gの目玉である “データ通信無制限” を実現させたのは、あくまでも当たり前のことですが、4Gの場合、決められたデータ通信容量消費後の通信制限から回避されるようになるのは素敵です!

今回のhome 5Gは固定回線の代替として提供されますが、無制限となったのは素晴らしいことです。

以前流行した「どんなときもWiFi」というデータ通信容量の無制限でのモバイルWi-Fiルーターでのレンタルサービスも、固定回線の代替として多くのユーザーが使っていました。

結局のところ、どんなときもWiFiは、データ通信無制限での提供が困難になり、サービスが停止してしまいましたが、自宅の固定回線の代替としてモバイル回線を使う人が多いということをはっきりとわかったのが、どんなときもWiFiでした。

話は戻りますが、ドコモは、通信品質で定評があります。home 5Gは主に5Gをメインで使うとしていますが、後述する通り、ドコモで使われている電波の周波数のほとんどを使用できるので、4Gでしか使うことができないエリアでもhome 5Gは使えます

SoftBank Airを契約したものの、電波が入らなかったというユーザーでも、home 5Gが問題なく使える、といったこともあるかもしれないので、サービスインのときには検討してみるのもいいでしょう。

home 5Gが対応する対応周波数(バンド)が豊富

NTTドコモサイトより

home 5Gの対応周波数は、NTTドコモが提供する4G・5G(ミリ波除く)の電波にほとんど対応しています。

中でも、屋内に電波が届きやすいと言われている “プラチナバンド” のBand 19にも対応しているので、前述の通り、SoftBank Airが自宅で使えなかったという方もワンチャンスあります。その上、プラチナバンドの恩恵を受け、設置場所も家の部屋の奥まったところでの設置も問題ないはずです。

中でも、キャリアアグリゲーション専用バンドのBand 42にも対応するので、5Gエリアではなく、4Gしか使えない場所でも、キャリアアグリゲーションの恩恵を受けられます。

豊富な対応バンドで、4Gでの下り100Mbpsを期待できたりも

キャリアアグリゲーション対応とのことで、あくまでも仮定ですが、4Gでも下り100Mbpsを実現することができるのではないか?と思っています。

筆者の持っている4G専用スマホの「Galaxy Note10+」ではBand 1、Band 3、Band 21をキャリアアグリゲーションとして利用すると、スピードテスト(Speedtest by Ookla)で下り100Mbpsが出ました。

この結果から、home 5Gが4Gでのキャリアアグリゲーションを利用できると、かなりの速度を期待できるのではないでしょうか?

5Gエリアではなく、4Gエリアで使う場合でも、スピードは期待できそうです。

まとめ!

ここまでダラダラと書いていきましたが、ドコモのhome 5Gは、ソフトバンク・UQ(KDDI)が販売するホームルーターよりも、対応バンドが豊富でプラチナバンドも利用できるため、置き場所も選ばず、その上、4Gエリアでもデータが無制限で利用できる神ホームルーターです。

ドコモの携帯電話回線の契約がなくても、契約できるhome 5Gですが、地方エリアでも満足して利用できるので、光回線を引くのは工事が嫌だ!という方には、home 5Gは非常におすすめです。

ここまで約3000文字となりましたが、読んでいただきありがとうございました。

[ドコモ]

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus