りんログ
デジタル系

楽天モバイル(MNO)、5chで料金プランの情報がリーク!2019年12月リークの情報より正確そうだけど…

たまたま5ch(旧:2ch)を見ていたら、自社で基地局を展開し携帯電話事業を正式に展開する楽天モバイル(MNO)の2020年3月3日発表予定の料金プランの詳細についてリークした書き込みを見つけたので紹介します。

当該書き込みについて

817: 非通知さん 2020/02/18(火) 21:09:26.45 ID:GjBxeYq50

●通話コース
SS 1000円 1Gbyte 制限後128kbps
S 1500円 5Gbyte 制限後500kbps
M 2500円 10Gbyte 制限後1Mbps
L 3500円 30Gbyte 制限後3Mbps
LL 4000円 使い放題 制限なし
話し放題は+500円 。制限後の速度は楽天MNOエリアの場合。ローミングエリアでは制限される場合あり。一部のコースで加入制限(楽天ダイヤモンド会員のみなど)

●家族割&複数割
楽天会員は更に優遇(例 ダイヤモンドで1.5倍)
2回線 200円割引
3回線 450円割引
4回線 800円割引
5回線 1250円割引
6回線 1800円割引
7回線 2800円割引

●データ通信 各コース
通話からから500円引いた金額。家族割&複数割対象

  • https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/phs/1581411630/817より

これは安いのか…?

2019年12月にGoogleキャッシュにて残っていた情報は “コラ” だと信じたい

2019年12月にGoogleキャッシュで残っていたもの

2019年12月にGoogleキャッシュにて、楽天モバイルのサイトと思われる謎のページの情報が残っていました

通話付き50GBで900円はあり得ない。mineoで通話付き30GBで6510円(au回線)なので、このサイトは “コラ” だと信じたいです。

5chでリークされた料金プランはあり得そう

しかし、今回、5chでリークされた料金はあり得そうな料金設定です。

最近流行しているクラウドSIM系(例:どんなときもWiFi。クラウドSIMに関する詳細はGoogle検索でお願いします)の無制限でのデータ通信ができるモバイルWi-Fiルーターの価格設定は月4000円程度で、それを踏まえると、楽天モバイル(MNO)の「使い放題で通話付きのプランが月4000円」は納得が行きます。

楽天モバイル(MNO)の「月10GBで通話付きで2500円、10GB使用後1Mbpsの通信が可能」というプランは、ドコモのギガライト(月1GBで通話付き2980円)から見ても、信じられない価格設定です。

MVNOはもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクが料金プランを見直さなければならないときが来るといっても過言ではないでしょう。

懸念材料は「auローミング」と壊滅的な自社ネットワーク

au回線のローミング手数料は非常に高い!

KDDIのHPより

いくら料金が安くても、楽天モバイル(MNO)では1から基地局を置いてネットワークを構築するため、使えるエリアは限られていきます。

それを補完する目的で、楽天モバイルはKDDI(au)から、東京23区、名古屋市、大阪市および局所的なトラフィック混雑エリアを除く全国エリアや地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設や観光名所等の一部において、回線を借りて(auローミング)、携帯電話事業を展開していきますが、楽天モバイルからKDDIに払われるローミングの料金は1GBで500円という設定になっています。(ITmedia

仮に、楽天モバイル(MNO)にて月4000円で無制限でのデータ通信が可能とされていても、au回線を使うとなると、楽天モバイルはKDDIに多額のローミング手数料を支払わなければなりません。

となると、使い放題などの料金プランは、楽天モバイル(MNO)の自社エリアでしか使うことができなくなると考えられます。

自社ネットワークが壊滅的

5chや、格安スマホ・mineoのコミュニティサイトのマイネ王、Twitterなどを見ていても、誰も楽天モバイルのネットワークについて褒めている人は2020年2月現在、誰もいません。

5chなどの書き込みを見ていても、「突然切れる」「屋内に入るとすぐ切れる」「ハンドオーバーが安定しない」「圏外が多い」などとひどいものばかり。

果たして、楽天モバイルの3月3日の料金プランの発表と三木谷浩史氏の発言が気になります

今回リークされた料金プランは現実味があり、来月3日の料金プランの情報に近いのでは?と思いますが、自社ネットワークの状態はひどく、総務省から行政指導を受けるばかり。。。

楽天の三木谷浩史氏は、いろいろな名言を残しています。

  • 「ホップ・ステップ・ジャンプでやっていこうと思う」
  • 「われわれがやろうとしている根本的な発想は、モバイルネットワークの民主化。安価にして速度を上げたい」
  • 「携帯業界のアポロ計画」

三木谷氏は、楽天モバイルには相当な自信を抱いているみたいですが、果たしてどうなるのでしょうか?楽天自体、現時点で赤字を残しているようで、携帯電話事業が足を引っ張らなければいいのですが…

Twitterで間野優希をフォローしよう!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus