2018年のiPhone、DSDS対応をしても国内キャリアの都合で販売されなさそう

gori.meによると、2018年のiPhoneはデュアルSIMに対応し、同時待ち受け(4G+4G)に対応する可能性があると伝えています。ソースは信憑性のあるKGI証券のMing-Chi Kuo氏。

現在、国内に流通しているSIMフリー端末は、同時待ち受けに対応するものもありますが、それは4Gと3Gのみとなっています。いずれ4G+4Gの端末が出て来るのではないかと思っていたのですが、今回の4G同士のデュアル待受が可能という次期Phoneの対応の可能性にはびっくりです!

iPhoneでデュアルSIMと言っても、現在Apple SIMなどで使われている「eSIM」というSIMカードを端末に書き込むタイプのみとなるのか、SIMスロットを設けてSIMが2枚入るようにするのかは現段階では不明です。

国内キャリアはデュアルSIM・iPhoneの販売を嫌がりそう

ここで気になるのは、国内キャリアの取扱い。以前、iPhoneにテザリング機能が、iOSに搭載されても、国内キャリアではテザリングを使えなくする対応が取られていましたが、今回はどうでしょうか。

確実にデュアルSIM対応にiPhoneをしてしまうと、メインの電話回線は残し、データ通信のみMVNOへの転出が見込まれます。その場合、販売されない確率が高いと思います。

[MacRumors via gori.me]

投稿者: 間野 優希

間野 優希