りんログ
腐敗物がスマホ・PCなどの話題を書き綴るブログ。
デジタル系

FUJI WifiでWiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター・W04を借りてみたのでレビュー

最近はFUJI Wifiなどの業者で1ヶ月単位でモバイルWi-FiルーターやSIMカードをレンタルすることができ、携帯キャリアとの2年もしくは3年縛りがないので、気軽にレンタルできます。

筆者もFUJI WifiでWiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター・W04を借りたのでレビューします。

機種は型落ちのW04

FUJI Wifiに申し込んで届いたのがW04。今の最新機種はW06。2世代前の機種です。

W04ではスペック的には440Mbpsが出る模様。W06で下り最大1.2Gbpsに対応することから、スペック的には若干物足りなさを感じます。

実際の使用感

すばやく立ち上がる

電源をつけてみるとすばやく立ち上がります。

5GHz帯のWi-Fiの電波を使うので、気象レーダーと干渉しないかDFSチェックが行われていますが、思ったよりあっという間で個人的には気になりません。

実際にスピードテストをしてみた

PCからはW04のSSIDを選択します。

埼玉県春日部駅のタリーズで実際にスピードテストをしてみました。ハイスピードモードに設定です。

このぐらいの数値では動画などの閲覧も含めて快適すぎです。実際に使ってみて、ストレスはありません。GoogleドライブやDropboxなどの重たいファイルをアップロードも十分使える速度です。

管理画面もわかりやすい

http://speedwifi-next.homeを開いて管理画面を開いた画面です。

簡潔な内容でわかりやすく、使ったデータ量もここからからわかるので、ブックマークしておくといいと思います。

「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」は端末液晶画面から設定できますが、管理画面から設定が可能です。

バッテリー持ちも意外にいい

W04のバッテリーの持続時間は6時間程度で、使うときに立ち上げ、使わないときには電源を落とす使い方なら1日は大丈夫です。

ただし、電源を入れっぱなしで使うとなると、バッテリーが物足りないかもしれません。

充電端子がUSB Type-Cなので便利

W04の充電端子はUSB Type-Cとなっています。最近はUSB-Cの機器も増えてきたので、充電器が手元にあれば、W04はQuick ChargeTM3.0対応なのでバッテリーの充電時間が短く、ストレスレスです。

3日10GBまでの使い方ならすごく快適

YouTubeやニコニコ動画をBGMとしてWebサイトの閲覧などの作業を行っても自分の使い方では3日で3GB程度で足りています。

3日で10GBの使用は動画を頻繁に見たり、重たいファイルのやり取りを行わければ超えないと思います。最近は無料でWi-Fiを使えるところが増えてきているので、Wi-Fiが使えるところではWi-Fiを使うとかなりデータ通信量をセーブできるのではないでしょうか。

ハイスピードプラスエリアモードは月7GBまで

W04の本領を発揮できるハイスピードプラスエリアモードは月7GBまで。W04から簡単に設定ができます。

KDDIはケチなことに、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを使い果たすと、ハイスピードモードのWiMAX 2+の速度制限がかかってしまいます。

実際のところ、無印WiMAXよりもWiMAX 2+では積極的にエリア展開がなされているので、ハイスピードプラスエリアモードは使うことがないと思います。

個人的な意見も含めてまとめ

W04は型落ちですが、まだまだ現役で使えます。

FUJI Wifiでのレンタル価格も他のWiMAX 2+対応ルーターを販売している3年縛りの業者と変わらないので、実際に長期で使うかわからないときにモバイルWi-Fiルーターをレンタルするのがいいと思います。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus