スマートフォン

政府が2023年度に5G基地局のロケーションとして全国20万基の信号機のスペースを携帯4社に貸しだしはナイスなのでは?

日本経済新聞によると、政府は2019年6月中旬にも閣議決定するIT戦略の一つとして、2023年度に5Gネットワーク基地局向けに、全国にある20万基の信号機を携帯4社に開放する方針であると伝えています。

記事の概要は以下の通り。

  • 基地局のロケーションとして全国20万基の信号機のスペースを2023年度にも開放
  • 新たに基地局のロケーションを探す必要がなく、信号機を利用すれば投資負担が軽くなる可能性が高い
  • 信号機の利用には自治体だけでなく通信各社にも費用を課す方針
  • 信号機を所有、管理する自治体は5Gの基地局を設置した信号機を住民サービスに提供
  • 政府は基幹インフラとして重要視

この発想はなかった

5Gの展開にあたって、4Gよりも電波が飛びづらいと聞いていて、基地局のロケーションはどうすればいいのか気になっていました。今回の報道を聞いてこの発想がありませんでしたw

個人的には4Gでスマホ・PCからの動画視聴などは快適に使えていると思っていたので、5Gはオーバースペックかなと考えています。でも最新技術はオタクとして気になるところ。

しかし、5Gはレイテンシーがかなり低くなっているとのことで、ブラウジングや動画視聴などスマートフォンからのインターネット接続ではなく、自動運転などのIoT関連の需要が見込まれるということで、今回の政府の指針は間違いではないでしょう。

キャリアが基地局のロケーションを探す手間がなくなり、コストも下がることで、携帯電話料金の値下げも…と思いましたが、今のドコモ・au・ソフトバンクでは料金は永遠に下がらないでしょう。

とはいいつつ、5Gネットワークが日本全国に張り巡らされるのを期待しています。

[日本経済新聞]

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus