りんログ
デジタル系

ドコモの新料金プランが高い!端末と通信料をわけた分離プランらしいが、これはひどい

NTTドコモは、「3キャリアの通信料金は高いから是正せよ」という総務省の圧力で、既存の料金プランよりも2〜4割値下げした新料金プランを発表しました。

新料金プラン概要について

新料金プランは、ヘビーユーザー向けの「ギガホ」、ライトユーザー向けの「ギガライト」の二種類に分かれます。

それぞれの料金プランで、従来まではスマートフォンでインターネットを楽しむ際に必要な「spモード」が別途料金でかかってきましたが、今回の新料金プランでは通信料の中にプロバイダ料金が含まれ、わかりやすいパッケージとなりました。

各プランは、デフォルトで家族間の国内通話が無料。家族以外への国内通話は30秒20円。

従来のプランと同様に、別途、月額700円の「5分通話無料オプション」、月額1700円の「かけ放題オプション」が提供されます。

「ギガホ」について

ギガホは、月間30GBまでの通信で6000円の定額。30GBを超えた分に関しては、最大1Mbpsに速度が制限されます。

ドコモは図のように、従来から提供していた「ウルトラデータLLパック」と比較して3割安くなったと主張しています。

ギガライトについて

ギガライトは、月間1GBまでの利用で2000円、3GBまで3000円、5GBまでは4000円、7GBまで5000円。7GBを超えると、最大128kbpsの通信制限となります。

ギガライトは、主にライトユーザーを想定した価格設定ですが、これも従来の「ベーシックシェアパック」よりも安価だとドコモが主張しています。

ドコモケータイ(ガラケー)ユーザー向けの割引「はじめてスマホ割」にも対応

「ギガホ」「ギガライト」ともに、ドコモのケータイ(ガラケー)を利用するユーザー向けの割引として、「はじめてスマホ割」の対象となっています。

条件を満たすユーザーはギガライトへ契約変更をすると、毎月1000円の割引を12ヶ月間受けることができます。

家族で複数回線利用時の割引「みんなドコモ割」もあり

※NTTドコモHPより

家族間の契約グループにおいて、1回線では割引なし、2回線で500円引き、3回線ドコモだと1000円引きの割引を受けられます。

これは、旧料金プランも対象に含まれるので、家族で全員新料金プランへ変更する必要はないとのことです。

ドコモ光加入時の「ドコモ光セット割」もあり

家族のうちに「ドコモ光」を契約しているユーザーがいる場合、新料金プランでも「ドコモ光セット割」が適用されます。

具体的には、ギガホは月額1000円引き、ギガライトは3GB以上の利用で500円引き、5GB以上の利用で1000円引き。

注意点

「ギガホ」「ギガライト」へのプラン変更を行った場合、「月々サポート」「docomo with」の適用は終了となります

この新料金プランも2年縛りとなります。

この料金プランについて思うこと

悪い意味でドコモらしい料金プラン

今回の新料金プランは国から主導された「端末と通信料金の分離」に対して適切なアンサーを提供しているとは思われつつも、悪い意味でドコモらしい料金プランだと感じました。

新料金プランはシンプルになったのは評価すべきですが、月30GBと月7GBの間にいるユーザーはどうすればいいでしょうか?従来料金プランでは、月20GBのパックがありました。

月30GBのヘビーユーザーは動画をLTEで見る方がほとんどだと思いますが、是非は抜きにしても、ソフトバンク、LINEモバイルなどみたいに “カウントフリー” がベストではないかと思います。1日24時間ずっとYouTubeを見る人はいないと思うので…

分離プランではないほうが良かったのでは?

個人的な印象としてこれですね。従来料金プランと、端末代と分離した新料金プランでは料金設定を踏まえても、変わった印象がありませんでした。

新料金プランでは今までよりも端末代が高くなってしまうのではという懸念の声も聞かれますが、自分もそう思います。しかし、過度なキャッシュバックはダメですが、キャリアもMVNO・メーカー直販のSIMフリースマートフォンの状況を見つつ、市場にあった端末の適切な価格設定を期待します。

このままだとMVNO(格安スマホ)に負けてしまう

新料金プランでは普通に携帯電話でSNSや動画を楽しむだけだと、MVNO(格安スマホ)で十分だと感じました。

キガホでは、30GB以降の通信で最大1Mbpsに速度が制限されるのは楽天モバイルを意識しているのかわかりませんが、格安スマホが評価を得ている「料金のわかりやすさ」「端末の料金の明確さ」「キャリアショップみたいに過度なサポートはない代わりに通信料金の安さ」というのをドコモは全然意識してないのではないかと痛感しています。

まとめ

とにかく、この新料金プランはナンセンスです。料金はシンプルになったものの、MVNO(格安スマホ)と真面目に対抗して市場競争を加速させるチャンスを踏み潰していると思います。

自分は家族がドコモ光を使っているので、ドコモ本家を使っていますが、何もなければmineoで十分です。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus