無料Wi-Fiのセキュリティ対策は?自分は「カスペルスキー セキュアコネクション」を契約しました

最近はスタバ・銀座ルノアールなどで作業をすると、モバイルWi-Fiルーターの持参なしに、店舗のWi-Fiが使えるので、インターネット環境の確保には十分便利な時代になりましたが、問題なのは、無料Wi-Fiのセキュリティが脆弱な点です。

無料Wi-Fiイメージ

なんでセキュリティが脆弱なの?対策は??

多くの方はピンと来ないかもしれませんが、Wi-Fiのアクセスの際にパスワードを設定しない場合、端末とWi-Fiの電波を発するアクセスポイントとの間の通信が筒抜けになります(画像上のイメージ)。

最近ではSSL化(https)対応のWebサイトも増えてきましたが、それでもセキュリティへの懸念が心配されます。

じゃあパスワードを設定するWi-Fiスポットはどうかと心配になりますが、その場合、セキュリティキー(パスワード)を共有しているので、悪意のある第三者にセキュリティキーを使って傍受できます。

対策として、画像下部のような「VPN」という技術を使ってWi-Fi端末とアクセスポイントの通信をトンネルに落とし込みます。

スポンサーリンク

VPNを使うには?

VPNを使うには、セキュリティ会社が提供するサーバとの通信設定(難しくいうとL2TPなど)をしなければなりません。昔は、Macなどの端末で細かい設定をいじらないといけませんでしたが、最近は専用クライアントソフトのインストールで簡単に接続できます。

セキュリティ会社のサーバですが、専用クライアントソフトとセットに提供されています。

サーバは、Wi-Fi端末からトンネルを張る出口のサーバの設置場所を選べます。多くの場合、日本で十分でしょう。海外のサーバを設定すると、その国のIPアドレスでインターネット接続をすることになります、逆を言うと、海外から日本のサーバにトンネルを張ることができ、日本のIPアドレスを使えるということです。

どこのVPN業者を使えばいいの?

海外の業者は信用が低い

VPNは海外で多く使われており、海外の業者が非常に多いです。しかし、日本国内にサーバがなかったり、あったとしても帯域制御がかかっていて接続に時間がかかるという場合も多くユーザーから多く聞かれます。

といっても、日本人からすると、海外の業者は、どこの企業がやっているVPNサーバかがわからない、わかったとしても、クレジットカードを海外の業者で使いたくないというのが本音なはず。

自分もそういう一人です。

多くの海外サイトではHotspot Shieldが評判が良いと聞きますが、どこの企業がやってるの?わからないからカードを使いたくないと思います。

信頼性の高いノートンかカスペルスキー

家電量販店やPCショップでよく見かけるセキュリティ対策ソフト・ノートンやカスペルスキー、ウイルスバスター。すでに日本市場で長年ソフトの提供が行われており、信用度としてはノートン、カスペルスキー、ウイルスバスターは高いと思います。

Wi-Fiのセキュリティ対策も昨今ではニーズが高まっていて、多くのセキュリティ対策会社がVPNのサービスも開始しました。

シマンテック(ノートン)やトレンドマイクロ(ウイルスバスター)、カスペルスキーなどがそれぞれVPNサービスを提供しており、今回、自分が契約したのはカスペルスキーの「カスペルスキー セキュアコネクション」です。

カスペルスキー セキュアコネクションを選んだ理由

月額課金ができるから

カスペルスキーセキュアコネクションの特徴として、月額課金でVPNサービスが使えます。個人的に、1ヶ月使ってみないことには、サービスの良し悪しがわからないので、そういう面では気軽に使えるのが魅力的です。

1年購入型のスタイルは日本人の商慣習からすると、あまりいいとは言えません。ノートンもトレンドマイクロも1年購入型なので、VPNを使うのにはハードルが高いでしょう。

カスペルスキーでカードを使わず、iTunes Storeで支払いができるから

次にこれですね。カスペルスキーでクレジットカードを使うことには躊躇しないのですが、いつ請求がかかるのかわかりづらいところもあります。

AppStoreでカスペルスキーのVPNアプリをダウンロードすることができますが、それは有料会員になるにあったって、カスペルスキーに料金直接払わず、iTunesのストアでApple経由でカスペルスキーの月額課金に登録できます。

請求のタイミングがApple Musicの請求と一緒なので、支払いがしやすいのは嬉しいです。

シンプルなUIで初心者でも簡単に使える点

ソフトウェアをインストールするだけでVPNが使えます。

シンプルなUIなので、初心者でも難しい設定なしで使えるのが魅力的です。VPNのトンネルの先を「日本」以外からにもすることができるので、その国限定のWebサイトを見るのにも役に立ちます。

実際に試したことがないのですが、中国のネット規制(GoogleやTwitterなどが使えない)を回避するのにも使えるかもしれません。

1つの契約で5台までインストールできる

カスペルスキーセキュアコネクションは、1つの契約で5台までソフトウェアのインストールができます。

例えば、モバイルノートPC、iPadなどのタブレット、スマートフォンの3つは多くの方が使うと思いますが、追加で家族のスマートフォン、タブレットなどにもインストールできるようにゆとりのあるライセンス数です。

パソコンはWindows、Mac、スマートフォン・タブレットはAndroid、iOSに対応しています。

まとめ

誰でも簡単に使えるVPNサービス・カスペルスキーセキュアコネクション。筆者も使っていて、かなり役に立っているので、Wi-Fiスポットで安心してインターネットを楽しみたい方には絶対に使うべきサービスだと思います。

カスペルスキー公式サイト

↑カスペルスキー・オンラインショップは以上から!

スポンサーリンク