iPhoneのバッテリーの不調で、AppleCare+適用で新品端末と交換できる「エクスプレス交換サービス」が無料で使えた件について!

iPhone XSなどが出ている中、間野はiPhone 7を現役で使っています。特にバッテリー持ち以外には不満がなかったのですが、購入後10ヶ月で1時間iPhoneを使うと100%から20%になってしまう現象が繰り返し発症。

この現象で、Ankerのモバイルバッテリーを使って、逐一充電という形を取っていたのですが、モバイルバッテリーを忘れてしまうことがしばしば。

実際にはこんな感じ。かなり重症みたいでした。

なんとかせねばならない!ということで、Apple Storeか正規サービスプロバイダに持参しようと思ったら、どこの拠点も空いていない!東京のApple Storeや大宮や川崎などの正規サービスプロバイダも空いていない。

やっぱりiPhone人気でサポート拠点が足りないみたいですね。今や、女子高生の必須アイテムにもなる大人気iPhone。

15インチMacBook Proのキーボード不調で行った銀座のApple StoreのGenius Barで聞いてみたところ、ドコモショップなどのキャリアの店舗では修理受付が対応できない、とのこと。

じゃあ、どこで修理してもらえばいいんだろうと、Appleのサポートに電話をしてみたら、自分の場合、Apple Care+に加入しているのと、通常利用でバッテリーが劣化しているとのことで、無料で「エクスプレス交換サービス」が使える対象になっていると、丁寧な対応でお聞きしました。

無料でエクスプレス交換サービスを使ってみた!

エクスプレス交換サービスとは、不調のiPhoneを、ヤマトの宅急便で発送された新品同等のiPhoneとを自宅で交換できる画期的なサービスです。

ただし、事前にクレジットカードの登録が必要です。

というのも、自宅でiPhoneと物々交換をせず、新しいiPhoneのみを手元で受け取ってしまい、タダで持ち逃げがされてしまわないように、クレジットカードの与信枠をある程度の額で確保し、無事に故障iPhoneの交換が完了したら、与信枠から取り消しの手続きをするらしいです。

また、Appleに送付時に「iPhoneを探す」機能はオフにするように口酸っぱくAppleサポートのオペレーターさんから言われました。

今回、自分の場合は繰り返しになりますが、通常使用でバッテリーが劣化したのと、Apple Care+の加入で交換費用が無料となりました。料金がかかるかはケース・バイ・ケースなので、Appleに確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

依頼3日目で新品同等品iPhoneが到着!

Appleサポートに依頼3日後、クロネコヤマトのドライバーさんが新品同等のiPhoneを持ってきてくれました。

実際には、古いiPhoneのデータを消去し、SIMカードを取り外し、問題がなければヤマトのドライバーさんが新しいiPhoneを渡してくれます。

手渡されたiPhoneは、まさに新品同等!使用して8ヶ月のiPhoneは傷だらけになっていたのですが、これが新品と思うと、Apple様神様です!Androidを使ってるとこんなことない!!

今回手渡したiPhoneは、Appleに無事に届き、中身をチェックしてくれるとのこと。

エクスプレス交換サービスですが、非常に満足です。オペレーターの方の対応もスムーズでしたし、今回の交換もスムーズ。

iPhoneはiCloudからのバックアップで復元しました。やっぱりApple製品はいいですね。ファーウェイのスマホ・P20に恋をしたばかりですが、iPhoneも素晴らしいスマートフォンです。

スポンサーリンク