2011年9月、日本通信が価格破壊・月額980円「イオンSIM」を発売したのを覚えていますか?

普段、WordPressでブログを書いていましたが、なんとなくはてなブログでいろいろと書こうと思います。※結局、WordPressに移転させました。

みなさん、「イオンSIM」と聞いてピンと来たものはありますか?今、イオンではMVNO・イオンモバイルが提供されていて、イオンモバイル自体、主婦などから定評を得ており、日本通信がイオン限定でSIMカードを販売していたのは過去の話です。

今回振り返るのは、月額980円で使えたイオン限定・日本通信「イオンSIM」

イオンSIMとは何?

イオンSIMの概要は以下の通りです。

  • NTTドコモのFOMA(3G)ネットワークにおいてデータ通信が利用可能
  • 980円のプランでは、100kbpsでの無制限の通信が可能
  • 圧縮プロキシが強制適用
  • プライベートIPアドレス仕様
  • 販売はイオン各店舗

イオンSIMというと、2chモバイル板が懐かしい

イオンが日本通信の980円SIMを販売開始をしたときに、2ch(今は5ch)のモバイル板を見ると、お祭り状態でした。

イオンSIMが販売された2011年9月には、980円で提供されているサービスはなく、イオンSIMはまさに価格破壊なSIMカードでした。

参考までに日本通信では300kbpsで通信ができる「b-mobile U300」や、1GBの高速通信ができる「b-mobile1GB定額」がありましたが、いずれのプランも月3000円程度。イオンSIMがいかに安いのかがわかります。

サービスインしたものの、、、、

問い合わせ殺到!な訳なイオンSIMですが、実際にユーザーが使用していくにつれ、日本通信への不満が高まってきました。

というのは、強制画像圧縮プロキシ・意図的なスピード操作など。

強制画像圧縮プロキシ

これはユーザーから評判が悪い仕様でした。

これは解除することができず、2chへの書き込みもプロキシを通過しているため、書き込みがエラーがすることが多発しました。

イオンSIMユーザーが多く書き込む2chでは、いつもこのプロキシを叩いている方が多い印象です。

意図的なスピード操作

これは、イオンSIMを提供する日本通信が、テレビ東京の経済番組で取り上げられた際に、イオンSIMの話題になったのですが、その取材(記憶の限りだとOA日)とテレビ放送のときだけ、スピードテストの結果が良い数値が出るようになりました

2chモバイル板では、その件で日本通信を総叩き。まあ叩きたくなりますよね。

IIJmioが980円代のSIMカードを提供開始で2chモバイル板住民の移住が加速

2012年3月にIIJが個人向けMVNO・IIJmioかつ日本初ドコモ Xi(LTE)ネットワークに接続したデータ通信が開始しました。価格設定は、一番下のプランで980円代で使えることもあり、申込みが殺到しました。

2chモバイル板でも使えないイオンSIMからIIJmioに移転するユーザーが多くいました。

まとめ

当時を思い出すと、外でデータ通信をするのにb-mobileのSIMなどを使っていたのが懐かしいです。

イオンSIMも格安スマホの先駆者として、日本通信が嫌いでも、すごい存在だと思いました。

参考リンク

スポンサーリンク