NTTドコモ、Wi-Fiを活用した広告事業モデル「アドWi-Fi」を本格提供開始!Wi-Fiスポット設置は広告掲載で無料に

NTTドコモはWi-Fiスポットの拡充を目的とした広告事業スタイル「アドWi-Fi」のサービス提供を2018年9月26日(水)より開始します。

「アドWi-Fi」とは?

アドWi-Fiは、NTTドコモが提供する公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)サービス。従来のdocomo Wi-Fiと異なりソフトバンク、auユーザーも使えるキャリアフリー無料Wi-Fiです。

今回、ドコモはWi-Fiスポット接続時に表示されるWebページに企業や自治体からの広告を掲載することで、収益の一部をドコモがWi-Fiスポット設置の際にかかる費用を回線代に回す仕組みとなっています。

アドWi-Fiのサービスは渋谷から始まっており。サービス開始時点では、山梨県富士河口湖町に関連した観光案内などの広告が掲載がされているとのことです。

渋谷で利用できるエリアは以下の通りとなります。

  • 区民サービスセンター(渋谷ヒカリエ8階)
  • Shibuya O-EAST
  • Shibuya O-WEST
  • Shibuya O-Crest
  • Shibuya O-nest
  • 渋谷区役所仮庁舎
  • コープオリンピアアネックス
スポンサーリンク

思ったこと

これはすごい!もっと進めるべき

久しぶりにドコモが良い仕事をしていると感じます。今までのキャリアが展開してきたWi-Fiスポットは実際に使っているキャリアのアクセスポイントしか使えず、他社ユーザーはそもそも使えない or SWS1day、Wi2 300(オプションエリア)など高額なプロバイダ料金の支払いが必須です。

外国人観光客も含め、昨今のWi-Fiスポットのニーズは年々高まっていると思われます。自分自身もレッツノートからインターネット接続をする際に無料Wi-Fiを使うことも多いです(もちろんVPNでセキュリティ対策してますよ)。

いくら高速な携帯電話回線があっても、パケット通信量の制限があることから、大容量ファイルのダウンロードは外出先で安心できるのはWi-Fiスポットです。もちろん、外国人観光客も日本で使えるSIMカードで通信をしていても、通信容量制限があることから、SkypeやFaceTimeも安定して使えるのもWi-Fiスポットです。

日本のWi-Fiスポットは混線して使い物にならないことはあるが。。

日本ではWi-Fiを使う端末(モバイルWi-Fiルーターやスマホテザリングなど)が多く、Wi-Fiの電波を検知していても接続できなかったり、接続できても何度か通信断が生じたり、使えても一定の時間が経つと切れるというのが問題です。

日本のWi-Fiスポットの多くは、キャリアの携帯電話回線をバックボーンとし、混線するという前提条件を無視して乱雑にスポット設置を配置しています。そのため、Wi-Fiスポット=使えないという認識が広まっています

ドコモがバックボーンを固定回線としていればいいけれども

NTTグループ内でWi-Fiスポットを展開するNTT-BPという企業がありますが、東京メトロなどの駅では光回線をバックボーンとしてWi-Fiを提供しています。また、チェーン店でいうとスターバックス・コーヒー(スタバ)などでも使えるWi-Fiスポットにも関与しており、同じく光回線を各店舗に引き込み、インターネット接続を利用できるようにしています。

今回の発表ではNTT-BPの関与があるかどうかはわかりませんが、ドコモのLTEがバックボーンだとしたら、そもそもWi-Fiスポットとしての意味が見いだせないと思います。少なくとも、固定回線をバックボーンとしてほしいのがユーザーとしての本音です。それに加えて、乱雑にアクセスポイントを設置してWi-Fi公害をするのは辞めてほしいというのもあります。

まとめ

今回の発表は、ドコモらしからぬ発想だと思います。ユーザーとして日本人でも使いやすくなっている仕様を期待します。

[NTTドコモ]
スポンサーリンク

投稿者: 間野 優希

間野 優希