アップルから新型「iPhone XS」「iPhone XR」が発表されて思うこと!価格が高すぎる!

先日、アップルのスペシャルイベントで新型スマートフォンの「iPhone XS」と「iPhone XR」がお披露目されました。今回発表されたモデルは「iPhone 8」、「iPhone X」の後続モデルです。

今回、アップルの新製品について思うことを書いていきたいと思います。

価格が高すぎる!

早速、今回のiPhone新製品の価格を見てみましょう。

iPhone XSの一括購入料金

 NTTドコモKDDI(au)ソフトバンクSIMフリー
64GB12万8952円12万8640円13万6800円12万1824円
256GB14万7096円14万6880円15万5040円14万184円
512GB17万1720円17万1840円18万円16万5024円

iPhone XS Maxの一括購入料金

 NTTドコモKDDI(au)ソフトバンクSIMフリー
64GB14万1912円14万1600円14万9760円13万4784円
256GB16万56円15万9840円16万8000円15万3144円
512GB18万4680円18万4800円19万2960円17万7984円

iPhone XRの一括購入料金

 NTTドコモKDDI(au)ソフトバンクSIMフリー
64GB9万8496円未発表未発表9万1584円
256GB10万4976円9万8064円
512GB11万6640円10万9944円

高いですね。キャリア現在、SIMロックフリーのハイエンドAndroid端末では高くても7万円、キャリアのハイエンドAndroid端末は10万円程度。今回のiPhone新製品は10万円超えが普通となっています。

実際、前回の「iPhone X」も同様ですが、10万円以上の端末購入は、割賦購入の審査が厳しくなります。中には欲しくても買えないという方もでてくると思います。

保護者的な視点では、中学生・高校生に使わせる端末として、「iPhone XR」、「iPhone XS」を与えるのには高すぎるのではないでしょうか。実際に高価過ぎる端末なため、端末の管理が届いていないと盗難リスクや、端末を壊した際の修理代、端末の交換代が非常に高額になる点は、中高生の保護者として、リスクが高いと言えます。

スポンサーリンク

スペックを求めているのをユーザーが求めているのか疑問

まず、Appleのサイトに掲載されている「iPhone XR」、「iPhone XS」の宣伝文句を書き抜いてみます。

iPhone XRの宣伝文句

「Liquid Retina 業界の中で最も先進的なLCDの登場です。 」

「耐水性能と防塵性能。」

「シンプルさを実現したテクノロジー。TrueDepthカメラシステムの中にある革新的なテクノロジーがリアルタイムで連係し、あなたを一瞬で認識します。 」

「A12 Bionic スマートフォンの中で、最も賢く、最もパワフルな チップ。」

「ISP、Neural Engine、高度なアルゴリズムを統合した革新的なカメラシステムが、創造力の新たな可能性を解き放ち、あなたは驚くほど美しい写真をとらえられるようになります。」

「hone XRのカメラシステムは、Neural Engineのかつてないパワーと毎秒5兆の演算処理を実行する能力を活用します。」

iPhone XSの宣伝文句

「Super Retina。迫力と大迫力。特別に開発されたiPhone XSのOLEDディスプレイは、業界で最も正確な色を映し出し、HDRに対応し、真の黒を再現します。しかもiPhone XS Maxには、
これまでのiPhoneの中で最大のディスプレイが搭載されています。」

「スマートフォン史上、最も強靭なガラス。原子レベルの加工によって実現した、新しく美しいゴールドの仕上げ。」

「進化したFace ID。」

「Appleが開発した次世代のNeural Engineを搭載した、スマートフォンの中で最も賢く、最もパワフルなチップ。」

「画期的なデュアル カメラ システム。世界中で大人気のカメラが、あなたを写真撮影の新しいシーンへ連れて行きます。」

「iPhone XSは、超高速のダウンロード速度を誇るギガビット級LTEに対応。」

「新しいレベルの耐水性能。」

「デュアルカメラシステム。写真撮影の新しいシーンが 始まります。」

ざっと宣伝文句をあげてみましたが。。

まず、本体のカラーバリエーション以外iPhone XS、iPhone XRの違いがわかりません。2つの機種とも、A12 Bionicプロセッサを搭載し、液晶ディスプレイも同じような仕様。ユーザーがどちらを買えばいいのか戸惑ってしまいますね。Face IDも同様で。

思ったのは、ユーザーがこんなにスペックを求めているのか疑問があります。大半のユーザーはブラウジング、LINE、通話、Instagramにアップロードようなカメラ機能を使うことが大半だと思います。実際のところ、ドコモが「docomo with」で提供しているiPhone 6sでも十分その機能を駆使できるスペックなので、iPhone XS、iPhone XRはオーバースペックなはず

スマートフォンもコモディティ化し、各社のスマートフォンの魅力的な機能が大きく変わりつつあります。今現在、スマートフォンを差別化しようと、ファーウェイはP20のようなカメラ特化機能をつけたり、日本人好みの機能をつけた富士通のarrowsなどいろいろとあります。Appleはそこに「スペックを求める」という点で付加価値を生成しようとしていますが、その結果、価格に反映されてしまうのが問題です。

アップルは日本人向けに高価なiPhoneを売りつけたいのでは?

個人的に、アップルはiPhone人気が高い日本市場でiPhoneを高く売りつけたいのでは?

最近は、ファーウェイ、サムスンなどのAndroid端末が海外で人気ですが、日本市場だけはiPhone人気が高く、女子高生の必須アイテムとなっている現象が発生しています。

iPhoneはもちろん操作性がよくて、シンプルなUIが使いやすかったり、海外で現地SIM・AIRSIMなどを挿して使う際、対応バンドの幅が広く、海外旅行の必需品という利点もありますが、問題は価格の高さ

今や、10万円があればハイスペックのパソコンも買えますし、4Kテレビも射程の範囲内。ということもあり、今回のiPhone XR、iPhone XSはとにかく高い

思うに、アップルはiPhone人気の高い日本市場であるならば、高くても買ってもらえる変な自信があると考えます。あと、カラーバリエーションが「(PRODUCT)RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー」というのも女子高生をターゲットにしてるのでは?

4年ぶりにメイン端末をiPhoneからAndroidに変えました

Huawei P20

2013年にGalaxy Jを使ってから、2014年にiPhone 6に発売日に乗り換えました。それ以来、ずっとiPhone 6s、iPhone SE、iPhone 7と使ってきていましたが、何も違いを感じることはありませんでした。iPhone SEからiPhone 7にスペックが向上しているとのことですが、アップルのiPhoneの機能の差別化を図る難しさを感じました。

今月から、ファーウェイのP20を使っています。iPhone 7をメイン端末として使っていたドコモ本家のSPモード契約のSIMは挿しています。やっぱりファーウェイはすごい!別記事でP20のレビューをしようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

投稿者: 間野 優希

間野 優希