エックスサーバーで無料SSL証明書(Let’s Encrypt)を導入する手順

最近、アフィリエイターで人気なエックスサーバー。無制限にドメインが追加できることから、サイトを量産するアフィリエイターにとって便利なサーバですね。

今回はエックスサーバーに無料SSL証明書(Let’s Encrypt)を導入する手順を紹介します!

SSL証明書とは、Webサイトにおいて暗号化通信をする際に必要なものです。Let’s Encyptは、無料でSSL証明書をドメインを認証する形で配布しています。エックスサーバーではこの証明書を使うことで無料でSSL対応ができます。

方法について

(1)サーバパネルを開きます。そして、「ドメイン」という項目の中にある「SSL設定」を選択します。

(2)ドメイン選択画面より、SSL証明書をインストールしたいドメインを選択します。

(3)「SSL設定」から「独自SSL設定の追加」を選択します。

(4)「設定対象ドメイン」に間違えがなければ、「独自SSL設定を追加する(確定)」を選択します。

なお、独自SSLは追加後、サーバに設定が反映されるまで1時間程度かかります。

(5)「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」という画面が表示されれば、SSL証明書のインストールの設定が正しく行われています。

(6)設定が完了しました。SSL証明書の反映までは時間がかかります。

スポンサーリンク

まとめ



エックスサーバーでは、無料SSL証明書(Let’s Encrypt)を簡単にインストールできましたね。SSL証明書は「期限」があるものですが、エックスサーバー側で自動で更新手続きを行ってくれます。基本的に、一度サーバにSSL証明書をインストールすれば有効期限を気にせずにサイト運営ができますね。

スポンサーリンク

投稿者: 間野 優希

間野 優希