りんログ
デジタル系

レッツノートはダサくて高いけど、頑丈&バッテリー長持ち&LTE搭載で最強!Macはモバイルには不向きかも…

今日は、自分がなぜMacではなく、レッツノートを外出用のモバイルノートパソコンとして愛用しているのかを書こうと思います。時期的には、2016年からパナソニックのモバイルノートパソコン・レッツノートを使っています。諸事情あって、1年の間にレッツノート内で機種の乗り換えが3回ありましたが、どのレッツノートの機種も満足の行くものでした。現在は、レッツノートXZ6を愛用しています。

レッツノートのイメージ

ちなみに、レッツノートXZ6は12インチのモバイルノートパソコン。パナソニックストアでカスタマイズモデルをLTE搭載(携帯電話のネットワークで通信できる機能のこと)で約33万円で購入。

ちなみに、Apple社のモバイルノートパソコン「MacBook Air」は10万円程度。いかにレッツノートが高いのかよくわかります(笑)。

レッツノートは頑丈

ボンネット構造で堅牢性を確保

写真の通り、レッツノートは他のパソコンでは見られないボンネット構造を採用しています。そのため、レッツノートが圧迫されたときの耐性は半端なく、普通に動作してしまいます。

圧迫というと、普通に電車で「MacBook Air」をカバンの中に入れて持ち運んでいましたが、アップルのりんごのマークの痕が液晶画面に残ってしまい、非常に残念な思いをしてしまいました。

とは言っても、今のXZ6は3年ぐらい使っていますが、トラックバックの痕が液晶保護フィルムに付いています。これについては、パナソニック側で液晶保護フィルムを張り替えてもらえば大丈夫なので、基本気にしていません。

レッツノートを1回床に落下させてしまったときも大丈夫

同じノートPCを数年使うと、床にパソコンを落としてしまうことは少なくとも1回はあると思いますが、レッツノートの場合、床に落としても画面にヒビも入りませんでしたし、傷もほとんど付きませんでした

さすがに床にレッツノートを落とした際にはヒヤヒヤしましたが、これぞ「価格が高い」だけのことはあるなと。

実際にパナソニックではレッツノートの落下試験を行っているため、堅牢性に関してはバッチリですね☆

バッテリーの持ちが半端ない

公称の駆動時間の7割は持つ印象

レッツノートは、MacBook Airを使っていたときより、体感で1.5倍の駆動時間が実現されています。CPUの負荷でバッテリーを食ってしまいがちなRZシリーズ以外は、バッテリーの持ちは半端なく、以前使っていたSZ5では、Wi-Fi接続時で8時間も持ちました。現在使っているXZ6でもこのくらいは持ちますね。

レッツノートでは、公称の駆動時間の7割はバッテリーが持つといった印象です。他社ノートパソコンでは4割ぐらいがほとんどなのですごい。

もともと、レッツノートのバッテリー駆動時間は、XZシリーズでも20時間は優に超えているので、他社ノートパソコンと比較しても、外出先で作業するのにはかなり優秀です。

実際に使ってみると、1日はフルで使える

具体的には、MacBook Airをスタバで使うと2時間ぐらいでバッテリー容量が50%になりますが、レッツノートは同じ使い方をしていても70%ぐらいです。

Macの他に他社ではVAIOの「VAIO Z」や「VAIO Pro 11」を使っていたときもありましたが、レッツノートほどバッテリーは持たなかったので、バッテリー容量を重視される方はレッツノートを買うと絶対に幸せになれます

VAIOの「VAIO Z」や「VAIO Pro 11」を使っていたときは、バッテリーフル充電状態から使用していても、2時間ぐらい使うとバッテリー容量が30%ぐらいになりました。

自分の使い方では、都内で用事がある前にカフェで2時間作業後、用事を済ませ、その後、また別のカフェで2時間作業をしても、レッツノートの残りのバッテリーは30%です!パナソニックすごい!!

なお、LTEモデルで携帯電話ネットワークを経由して、インターネットに接続時も、かなりバッテリーが持ちます。

LTE搭載でWi-Fiルーターがいらなくなるのはやばい!

LTEでWi-Fiがない場所でのインターネット接続が可能

レッツノートにはLTEは必須!あまりの便利さにないと後悔しちゃうかもしれません。|りんログ
2015年8月から、レッツノートを使っています。初めに購入したRZ4はヨドバシカメラでカスタマイズレッツノートにした口(パナソニックスタッフさんからLTEはいらないよね?的なこと言われた)なのに、LTEがついていなくて大

レッツノートには携帯電話ネットワークを利用したインターネット接続を行えるLTE搭載モデルもあります。

LTE搭載モデルのレッツノートを買えば、Wi-Fiがない場所や、Wi-Fiがあっても電波が弱く接続できない場所でも、インターネットに接続することができます。

筆者は、XZ6でLTEモデルを使っていますが、かなり便利。ドトールやスタバなどのカフェでも無料のフリーWi-Fiを利用したり、自前でWi-Fiを使える「モバイルWi-Fiルーター」を用意する必要がないので非常に役立っています。

また、新幹線や特急列車などの無料Wi-Fiは、Wi-Fiが混雑してしまうこともあり接続が安定しないので、レッツノートのLTEは確実にインターネットを使用できる方法として非常に優秀です。

LTEを利用する際には携帯電話キャリアの契約が必要

LTEを利用する際には、携帯電話キャリアとの契約が必要です。

携帯電話キャリアはドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで使えます(古いモデルではドコモだけの場合もあり)。いわゆる “格安スマホ” で契約していても使えます。

レッツノートでLTEを使うときには「SIMカード」が必須ですが、携帯電話ショップではSIMカードのみの契約を扱っていないこともあるので、SIMカードのみで契約できる「mineo」、「IIJmio」や「UQ mobile」などでの格安スマホ事業者での契約がベストです。



また、筆者は格安スマホよりも料金が高くなってしまいますが、がっつりとモバイルデータ通信を使うならレンタルSIM業者・【FUJI SIM】をおすすめ!

「FUJI SIM」ではソフトバンク回線を利用したSIMカードのレンタル事業者ですが、最近のレッツノートではSIMロック(特定の事業者のSIMカードしか使えないこと)がかかっておらず、こちらのFUJI SIMも問題なく利用できます。

「FUJI SIM」は大容量プランが充実しており、外出先でYouTubeの動画をたくさん見る場合には非情におすすめです。もちろん、GoogleドライブやDropboxといったオンラインストレージサービスを利用する際にもかなり役立ちます。

レッツノートでLTEを使う際の詳細については弊サイトの別記事を参照してください。

接続ポートが多いのが魅力的!

USBメモリを使える「USB-A」ポートが3つあったりします

レッツノートはいろいろな種類のポートが搭載されていて、USB周辺機器を使う際 お「USB-A」ポートが少なくても3つ、液晶画面などに映像を出力する「HDMI」や「VGA」、「SDカードスロット」、有線インターネットを使うのに必要な「LANポート」が搭載されています。

これらの接続ポートは、Macなどの他社ノートパソコンでは考えられないほど、接続ポートが多いため、他社で多くなってきたUSB-C端子に接続するアダプタを忘れても、レッツノートではなんとかなるのがいいですね。

最近のMacでは、USBメモリなどが採用している「USB-A」ポートは搭載されておらず、最近対応機器が増えてきた「USB-C」ポートのみとなっています。USB-Aを使う際には変換アダプタが必要です。

大学生なら「HDMI」「VGA」に接続できるレッツノートは重宝するかも

イメージ

大学生ならHDMIやVGAでプロジェクターに接続できるレッツノートは魅力的だと思います。

最近はあまりないと思いますが、VGAしか対応していないプロジェクターも未だに存在しているので、レッツノートから、変換アダプタを使わなくてもVGAのプロジェクターに直接接続できます。

出張や旅行でホテルに泊まる際にレッツノートをインターネットにつなげるLANポート搭載は意外に便利

パナソニックサイトより

レッツノートには必ずLANポートがついています。ビジネスホテルに宿泊した際には、LANケーブルを接続しただけでインターネットに繋がるのは快感です。

もちろん、ホテルのWi-Fiも利用できることはできますが、「セキュリティーキーが共通」でWi-Fiのセキュリティが脆弱(どうしてもWi-Fiを使いたい際には「カスペルスキー」などの “VPN” を使用)だったりするので、あまりWi-Fiは推奨できません。

なので、ビジネスホテルのLANポートに直接変換アダプタなしで接続できるレッツノートは、出張や旅行のお供には便利ですね!

レッツノートを買うなら、カスタマイズモデルを!

レッツノートは、ヨドバシカメラなどの店頭で販売されていますが、全体的にレッツノートは法人需要が多いため、あまり販売に力が入っていません。

個人での購入なら、Panasonic Storeのカスタマイズモデルの購入をおすすめします。というのも、通常1年の保証が3年に伸びたりと、レッツノートクリニックという人間で言うならば人間ドック的なものがあるので、おすすめです。

レッツノート・クリニックとは、パナソニックストアで購入後、一定期間が経つと受けられる、レッツノートの故障などのチェックやレッツノートのクリーニングを行ってくれるサービスです。

レッツノートはいいぞ!

とにかくレッツノートはいい製品です。高くても、絶対に満足するクオリティーだと思います。

レッツノートは神戸工場における国内生産なので、品質は高いですし、やはり国産は安心。サポート拠点も完全に日本で、修理対応も神戸工場で行われているので、安心ですね!しかし、高いのは難点ですが…

ダサいけれども、文章を打つ端末としてはかなり優秀です!画像編集などはMacBook Proでやりましょう!


↑パナソニックストアはこちらからアクセスできます。

Twitterで間野優希をフォローしよう!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus