WordPress高速マシン・KUSANAGIを使って思ったこと。―やっぱりKUSANAGIは速い!

りんログはじめ、間野が運営しているオタク女子向け情報サイト・いちごあんなどでWordPress高速マシン・KUSANAGIを自宅サーバ(VMware環境)にインストールして使っています。KUSANAGI自体、ConoHaにて1年ぐらいは使っているのですが、やはりWordPressの動作が速くなるのはびっくりです。

そこでKUSANAGIを使って思ったことを書こうと思っています。

KUSANAGIについて思ったこと

VPSで簡単にWordPressをインストールできる

最近は、エックスサーバーなどでWordPressを使っている方が多いと思いますが、VPSで細かい部分まで設定してWordPressを使いたい方もいると思います。

KUSANAGIでは、LEMP+WordPressが入った状態で提供されているので、対応するVPS・クラウドでは数分でWordPressを使えます。

デフォルトの状態で速い

KUSANGiでは素のWordPressを利用できます。それでもすごい速い!プラグインなしでサクサク表示されるのが快感です。デフォルトでKUSANAGIのプラグインでは、ページ生成速度を表示してくれます。

KUSANAGIのイメージが無料で使えるのがナイス

さくらインターネットのさくらのVPS、ConoHa、AWSなどでは無料でKUSANAGIのイメージが使えます。開発元のプライム・ストラテジーはKUSANAGIにおいてサポート業務で収益化を図っているので、基本的にノーサポートという前提で無料という形になっています。

サーバ中級者でないと難しいのがつらい

KUSANAGIは、SSHで黒い画面をいじってWordPressサイトの設定を行います。GUIでの設定ができないのが、サーバ初心者にとって難しいと思います。ただ、プライム・ストラテジーでは、黒い画面が苦手な方でも設定できるようにドキュメントが公開されているので、それを参考にできれば、なんとかKUSANAGIを使えます。

サーバ初心者でWordPress高速マシンを使いたいならカゴヤ・ジャパンのレンタルサーバがおすすめ

[kanren postid=”958″]


カゴヤ・ジャパンが提供しているWordPress専用サーバはKUSANAGIを採用しています。カゴヤの特徴として、GUIで操作できるのがサーバ初心者の魅力的なところです。

他社のWordPress専用サーバでは、独自にサーバディスクをSSD、Webサーバはnginxなどで対応していると思いますが、なかなか料金が高い。基本的にWordPress専用プランだと月額1000円が相場でしょうか。

しかしながら、wpXとカゴヤでは月額500円から利用できます。とりあえず高速化されたサーバを使ってみたいとの方はおすすめです。

やっぱり従来のレンタルサーバではWordPressは遅いけど、ディスク容量が大きい

仕事で、ロリポップ!やさくらインターネットのさくらのレンタルサーバでWordPressを使っていますが、やはり遅い。管理画面のレスポンスも悪く、ページ生成速度も遅い。その上、急激なトラフィック増強時に503エラーを吐き出したり、良いことはありません。

[aside type=”normal”] 実際に前ブログのネタが、テレビ『天才!志村どうぶつ園』で紹介されたとき、Google検索でバズりました。おそらくその時はさくらインターネットのレンタルサーバを使っていたのですが、503エラー吐きまくりでした。 [/aside]

ただし、それらのレンタルサーバで優れているのはディスク容量の大きさ。WordPressで画像は、Flickrに画像を上げて表示させるようにしている方もいますが、Flickrでの管理は面倒くさい。ディスク容量が大きいと画像をたくさんアップロードできるのは当然ですが、旧来のレンタルサーバはそれらを快適に扱うことが可能です。

やっぱりWordPress専用サーバ・KUSANAGIがすごすぎる

2011年にさくらのVPSを借りてLAMPを構築してPHPのバージョンを上げて、手動でWordPressをインストール、DBの設定など5時間かかっていた作業が、KUSANAGIではコマンドで5分でできてしまいます。

やはりKUSANAGIは最強!LEMP環境に加え、手間のかかるWordPressインストール作業&高速化のチューニングが無料で使えるのは魅力的

騙されたと思ってConoHaでKUSANAGI使ってみるといいですよ、すごい速いですから。

投稿者: 間野 優希

間野 優希