サーバ初心者でも簡単!サーバコントロールパネル「Plesk Onyx」を使って1年半が経ったのでレビュー

Pleskはご存知でしょうか?VPSや専用サーバにインストールをして使うサーバーコントロールパネルのソフトウェアですが、非常に使いやすく、サーバ初心者のステップアップに非常に有効なソフトです。今回、1年半の間、Plesk Onyxを使ってきたのでレビューをしたいと思います。

Pleskでできること

※クリックで拡大します。

Pleskのコントロールパネルからアクセスしてできることは以下の通り。

  • Webホスティングサーバの設定変更
  • FTP接続のID・パスワード管理
  • Let’s EncryptによるSSL証明書取得
  • Gitの操作
  • PHPのバージョン切り替え
  • Node.jsの操作
  • Rubyの設定
  • Apacheとnginxの設定
  • WordPressなどのCMSのインストール機能
  • ファイルマネージャー
  • ウェブ解析
  • DNSの設定
  • メールアドレスの管理
  • メールの設定
  • 持ち込みSSL証明書のインストール
  • WordPressサイトの管理

ざっとこんな感じです。最新版Pleskでできないことはないと言ってもいいでしょう。Pleskを入れていたサーバではWordPressをメインに使っていて、それらの機能を使っていましたが、Pleskは機能が豊富すぎて使いこなせなかったです(涙)。

上級者向けのnginxが簡単に使える

VPSでめんどくさいコマンドを打つことなしに、nginxを使えます。nginxは全体的に上級者向けという印象もあったんですが、サーバ初心者でも、Pleskでは、設定画面からApacheとnginxのリバースプロキシを設定できたり、nginxだけでサーバを運用する設定もできます。

Apacheも、細かな点までGUIでチューニングができるので、サーバ上級者でも満足して使えると思います。

Let’s Encryptのインストールが簡単すぎて泣いた

設定画面を開いて「更新」を押すと、Let’s EncryptのSSL証明書が自動でインストールできます。VPSで難しいコマンドを打ったり、他のレンタルサーバでは設定画面にたどり着くまでよくわからないけれども、Pleskではトップページから簡単にアクセスでき、簡単にインストールができるので泣いた。VPSでかなり苦労したので、本当に泣きたくなります。

複数のWordPressサイトを簡単に管理できる

※クリックで拡大します。

複数のWordPressサイトの情報を一気に確認でき、プラグインのアップデートなどの作業も一括して行えるコントロールパネルです。

複数のWordPressサイトを一気に管理できるレンタルサーバ、知っている範囲内でないと言ってもいいでしょう。これだけを目当てにPleskを使ってみるのもいいかもしれません。

ファイルマネージャーも使いやすい

※クリックで拡大します。

ファイルマネージャーのUIがとてもきれいでわかりやすいです。

ファイルマネージャーからできることは以下の通り。

  • ファイルのアップロード
  • ファイル作成
  • ファイルコピー
  • ファイルの移動
  • ファイルの削除
  • ファイルの展開
  • ファイルの圧縮
  • サイズ計算
  • タイムスタンプの変更

これを知っちゃうと、FTPで接続するのがめんどくさくなっちゃいますね。

欠点

ライセンスが高い!

Pleskのライセンスは高い!便利なソフトなんですが、一番下のプラン(10ドメイン)だとライセンス料だけで毎月1000円はかかります。年間12000円。

採用しているレンタルサーバがほとんどない

使いやすい一方、Pleskを採用している国内のレンタルサーバはほとんどありません。

root権限つきのVPSや専用サーバに入れる必要がある

Pleskを利用したい場合、root権限がないとPleskをインストールできないので、一般のロリポップ!やエックスサーバーなどの共用サーバーではインストールすることができません

Pleskのライセンスと合わせてサーバを提供しているVPSもほとんどない


国内でPleskライセンスとVPSを一括提供しているのがGMOクラウドVPS。他に、さくらインターネットの「さくらのクラウド」でPleskのサーバイメージが提供されていましたが、現在提供を終了しました。

まとめ

Pleskは非常に優秀なサーバコントロールパネルです。ライセンスが高いのは難点ですが、GMOクラウドVPSなどを契約してみるのはどうでしょうか?

投稿者: 間野 優希

間野 優希